うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「雑記」の人気記事TOP3

反出生主義とチャイルドフリー

time 更新日:  time 公開日:2017/04/24

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集」という記事をはじめとして、これまで何度か記事の中で反出生主義についてふれたことがあるのだけれど、私は実はガチガチの反出生主義者という訳ではない。反出生主義とチャイルドフリーの中間くらいの考えを持っている。

反出生主義 生きること=苦しいことなので、まだ見ぬ子供のためを思い子供を生まないという考え方
チャイルドフリー 子供がいないほうが自分の人生を謳歌できるという考え方

どちらも子供を生まないという点は共通しているが、その理由が異なっている。
どちらかというとチャイルドフリーのほうが「自分本位」という感じがするので風当たりが強そうである。

反出生主義はちょっと哲学的で深刻な雰囲気があるので、表立ってはそれほど叩かれないかもしれないが、それは決して賛同する人が多いからという訳ではなく、「暗い」「考えすぎ」「関わらないでおこう」といった感じで敬遠されるからにすぎないだろう。

私の場合は、まず

  • どうせ死ぬのに生まれるのはかわいそう
  • 老いる
  • 病気にもなる
  • 働いたり勉強したり家事をしなくてはならない
  • 癖毛や低身長や広汎性発達障害が遺伝したらかわいそう

という反出生主義的な理由が根底にある。そこに、

  • PTAやママ友付き合いが面倒くさそう
  • 体型が変わりそう
  • お金がかかる
  • 子供が行きたがりそうな施設やイベントに興味がない
  • そもそも子供がそんなに好きではない

というチャイルドフリー的な理由が上乗せされてくる。

その他、ちょっと細かいことだけれど、子供がやりたいことが反社会的なことだったら生きづらいだろうな……なんてことも考えたりする。
子供は自分が決めた訳ではないルール(法律常識道徳など)に生まれながらに縛られることが決定している。しかしもしかしたら子供が興味を持つ行為が犯罪に該当するかもしれない。だとすると子供には好きなことをする自由がないことになる。

だからといってこの世が無法地帯になっても困る。人間が存在する限りやはりこういったルールは必要である。となると人間は本当に自由になることは決してできないということである。それが分かっていてこの世に子供を生み落とすのは残酷なことではないだろうか?
子供が犯罪に興味を持たない可能性もある。常識や道徳に反発しない可能性もある。しかしもしもそうでなかったら――?

好きなように生きられない生まれなければよかったと子供が思ったとしてももう遅い、生んだ後となっては、子供を胎内へかえすことはもはやできないのだ。

子供がニートになってもいやだし、過労死してもいやだ。
犯罪者になってもいやだし、被害者になってもいやだ。
いじめっこになってもいやだし、いじめられっこになってもいやだ。

そのどれにもならない可能性のほうが高いかもしれない。しかし世の中にこういった問題があることは事実である。
自分や自分の子供さえそうならなければそれでいいのだろうか。世の中にそういった問題があるにもかかわらず、自分にはどうにもできない、私は無力であると感じる、子供もそういった無力感を抱えるのではないだろうか。その無力感をどうすればいいのかと問われたらどうするのか、他人のことは放っておけというのか、ただ怖いわね、かわいそうねといってすませるのか。私は子供になんと答えればいいのだか分からない。

子供がいたら世間体がいいだろうとは思うけれど、恐らく私の両親もそう考えて兄と私を生んだような気がする。そして兄も私もいい大人になった今でも生きづらさを抱えている。
世間体のために子供を生むという人は、昔ほどではないけれど現代でも結構いるのではないかと思う。しかしそういった自転車操業的な出産負の連鎖は、いつか誰かが勇気を出して断ち切らなければならないのではないだろうか。

それと期限がある程度決まっているので、焦って生んでしまう人もいそうである。バーゲンセールのようなものだ。今生んでおかないとのちのち後悔するかも……という。心の底から子供が欲しい訳ではなくて、損するのではないかという不安が動機の出産。
またせっかく女に生まれたのだから出産を経験してみたいという好奇心
周囲に幸せだと思われたい見栄
そういうものでしょ、と深く考えなかったり、老後の面倒を見てもらいたかったり……ということもあるだろうか。

いずれにしろ生まれてくる子供にとってはたまったものではない。芥川龍之介『河童R』のように、子供がこの世に生まれるかどうかを自分で選べるとしたら、そのほとんどが「僕は生まれたくはありません」と拒否するのではなかろうか。

どういう理由にしろ、生みたい人は生めばいい。しかし子供に生老病死という責め苦を負わせる責任は大きい。生んだからには何があっても全力で子供を愛してあげてほしい。
親に無条件に愛されなかった子供は自己肯定感が低いという。そして自己肯定感は大人になってからではなかなか培えないものだという。自己肯定感が低いと人生を楽しみづらいし、生きづらい。
そういうかわいそうな人間を増やすことはよくない。

私は反出生主義もチャイルドフリーも、同意しない他人に押し付けようという気持ちはさらさらない。子供を生む、生まないということに限らず、他人に対して「これはこうすべき」と強制するようなことはあまりしたくないし、されたくもない。法にふれたり周囲に迷惑を及ぼさないのであれば、人間は基本好きなように生きればいいと思う。

しかしそうはいいつつも、子供を生むか生まないかということに関しては、なるべくなら、本当に子供が欲しくてほしくてたまらない人にだけ子供を生んでほしい――とつい考えてしまう。
世間体だとか、バーゲンセールだとか、せっかくだからだとか見栄だとか、そういう理由で子供を生もうかどうか迷っている人は子供に無償の愛情を全力で注げるかどうか(子供が将来犯罪者になったとしてもニートになったとしてもいじめっこになったとしても)をよく考えてみてほしい。
子供を生むかどうかについて真剣に考える人が増えるとますます少子化がすすむかもしれないが、よくよく考えた末それでも欲しいとなった親に愛されて育った幸せな子供の割合が増えたほうが世の中が明るくなるだろう。

そして人間は幸せに、ゆるやかに滅亡していくのが、人間にとっても地球にとってもいいのではないかと思う。
以前、チェルノブイリの立入禁止区域が動物の楽園のようになっているという情報を目にして、人間がいないほうが何もかも丸く収まるのだなという気がした。
それに人間は動物と違って思考言葉があるから厄介だ。何かにつけて争うし、自分がいつか死ぬという残酷な事実をどうしても意識してしまうものだから。

私は上記で書いたような理由から子供が欲しいと思ったことはない。生き物としてはおかしいのかもしれないが、本能より理性が勝っているということだから、人間の中でもより人間的といえるのではなかろうか。
いやしかし動物より人間のほうが優れているなどという気持ちはもちろんない。人間は矛盾をはらみすぎている。動物はたくましくて潔い。

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集」という記事でも書いたけれど、反出生主義やチャイルドフリーという概念があると知ることにより、気が楽になる人もいるのではないかと思う。自分と同じようなことを考えている人が世の中に割とたくさんいるのだ、と思うと心強いのではないだろうか。

反出生主義にしろ、チャイルドフリーにしろ、なかなか周囲におおっぴらに表明しづらい考え方なのだけれど、こういう考え方が当たり前のように世の中に浸透すれば……多様性を許容する社会になれば、逆説的であるけれど、子供を生みやすくなって、子供を生む人が増えるかもしれない。
しかしどんな世の中になったにせよ、子供に「どうせ死ぬのに何故生んだのだ」と責められたら返す言葉がないので、私はやはり子供を生むことはないだろうと思う。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

反出生主義とチャイルドフリー

反出生主義とチャイルドフリー

反出生主義とチャイルドフリーの違い、自分が子供が欲しくない理由、人間はゆるやかに滅亡していったほうがいいのでは…などということを書いています。
Read More
猫には敵わない

猫には敵わない

飼い猫・絵金の子猫の頃から成猫になるまでの写真を載せています。また、絵金への愛も語っています。
Read More
奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

アートフリマで奇抜な格好をしていたら、目立ってもっとうらなか書房の知名度が上がっていただろうか…。しかしもしもそうなったとしても後悔した気がするので、やらなくてよかったのかも。根底には面倒くさいという気持ちがあったりもしたのだけど…というようなことを書いています。
Read More
ブログに雑記を書いている理由

ブログに雑記を書いている理由

ブログにコラムやエッセイのような雑記を書いても、アクセス数はあまり増えない…。しかし全く無意味ではないのではないか、ということを書いています。
Read More
人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

「人付き合い苦手なやつだけがわかる『あるある』50選」という記事を読んで感じたことを書いています。共感した部分についてや、ちょっと暗いですが家庭環境のことにまで思いを馳せてみました。
Read More
意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

SNSで自慢する人も、その自慢を見て暗い気持ちになってしまう人も、「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ちを持つことが大事なのでは…といいつつも、それができたら苦労しない、という話です。
Read More
どろどろの沼のような不安

どろどろの沼のような不安

幼少期に親に暗い話ばかりを聞かされたせいで、自分は常に不安を感じているのではないか……心の土台とでもいうべきものがないのでないか、ということを書いています。
Read More
障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

学生の時のモヤモヤした思い出から、「憎まれっ子世にはばかる」について考えてみました。
Read More
誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

「人類補完計画」とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するもので、全人類をひとつの生命体にするという計画。いがみ合ったり傷つけ合ったりする人々を見ていると、この架空の計画が素晴らしいものに思えてくるようになったという話です。
Read More
ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノは世間的にはよくないものとされていますが、生殖に繋がる可能性があるのでそこまで目くじらを立てなくてもよいのでは……? それよりももっと毒になる本や映画があるような(生きる意欲をそがれるような)……という話です。
Read More
言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

「もっと自分の主張を押し通した方がいいのだろうか」とモヤモヤしつつも、誰かと議論したり口論したりするのは面倒くさい…。それは「自分は人と少し違うから、他人に理解してもらえるはずがない」という気持ちが根底にあるからなのかも…? その他変わり者について少し触れています。
Read More
「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違い、そして謙虚になるか卑屈になるかは「自己肯定感」が左右しているのでは……ということを自分なりに考えてみました。
Read More
浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

有名人が逮捕されたり、不祥事を起こして大変なバッシングを受けているのを見ると、彼らのように浮き沈みが激しい人生と、自分のように浮き沈みがあまりない人生、一体どちらが幸せなのだろう……などということをつい考えてしまう。
Read More
別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログで、人気者になるべくゆるキャラのようなものを描いていた話です。
Read More
「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

人間も動物と同じく弱肉強食であることには変わりないのに、優しさや思いやりが美徳とされているのはなぜだろうか―。人間の強者と弱者について考えてみました。
Read More