うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「静岡県伊豆半島」の人気記事TOP3

怪しい少年少女博物館【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その1】

time 更新日:  time 公開日:2016/11/13

「怪しい少年少女博物館」パンフレット

静岡県に「怪しい少年少女博物館」なるスポットがあることを知ったのは、かなり前のことです。
それ以来、怪しいもの好きのうらなか書房としてはいつか行かねば……と目論んでいたのですが、2016年11月10日、念願かなってついにその「怪しい少年少女博物館」に行ってまいりました!
この記事ではそのレポートをお送りします。

スポンサーリンク

「怪しい少年少女博物館」とは

怪しい少年少女博物館 | 静岡県伊東市にある可笑しな博物館

住所 〒413-0231 静岡県伊東市富戸街道下1029-64
開館時間 午前9時~午後5時(入館は30分前まで)
入館料 大人1,000円/小・中学生600円 割引はこちら
休館日 年中無休

年中無休……すごい……!

キャッチコピーは「レトロで可愛くてグロい」

可愛くて気持ち悪くて懐かしくて可笑しい。圧倒的ボリュームのオモチャや昭和の生活雑貨からホラー恐怖体験まで。テーマごっちゃまぜの白昼夢の世界を体験できます。
怪しい少年少女博物館

という訳で、本当にテーマごっちゃまぜのカオスな博物館でした!

入口

「怪しい少年少女博物館」外観
到着してビックリ……! 外観からして怪しい雰囲気がムンムンに漂っています……! これは期待が高まります。

「怪しい少年少女博物館」ペンギンの像
駐車場入口には巨大なペンギン(?)の像が……! この謎に関しては後に明らかになります。

「怪しい少年少女博物館」入口
入口も怪しい……! 写真だと陰になっていますが、ミニ鳥居の奥にある何かがあったり、向かって左側にも怪しい人形が置いてあったりと、建物に入る前から既にかなり楽しめました。

受付

建物に入るとすぐに受付があります。そこにはあやしげな本やおもちゃが並んでいましたが、何故か場違いなプログラムの本なども一緒に置いてある……。この謎に関しても後に明らかになります。

受付で「中の写真を撮ったりブログに載せたりしても大丈夫でしょうか」ときいた所、「どうぞどうぞ!」と快諾して頂けたので、以下に内部の写真を載せつつレポートを書いていこうと思います。

1階 流行ファッション博物館

1階は主に昭和のファッション博物館となっていました。その時代時代の服装をしたマネキンがガラスケースの中に飾られています。

「怪しい少年少女博物館」流行ファッション博物館もんぺ
もんぺ姿の婦人。戦時中のファッションでしょうか。

「怪しい少年少女博物館」尋常小学校読本と給食
マネキンの足元には、その時代を象徴するものがビッシリと敷き詰められていました。
雑誌やレコードが多かったですが、上の写真では「尋常小学校読本」と給食が目につきます。給食は結構豪華に見えます(これ全部で1食分という訳ではなさそうですが……)。

「怪しい少年少女博物館」流行ファッション博物館昭和28年くらいのファッション
右奥の女性が「真知子巻き」をしているので、昭和28年ごろのファッションと思われます。

「怪しい少年少女博物館」流行ファッション博物館昭和40年くらいのファッション
東京オリンピック白黒テレビ……昭和40年ごろのファッションのようです。

小物

ファッション博物館の合間合間に、

「怪しい少年少女博物館」アイスキャンデー自転車
アイスキャンデー売りの自転車や、

「怪しい少年少女博物館」レトロなポスト
レトロなポスト

「怪しい少年少女博物館」巫女さん
そして唐突におみくじ+巫女さんが現れたり……!

他にも、昔のゲームやフィギュアが所狭しと飾ってあったりします。

2階 怪奇の世界

2階はちょっと趣が異なりまして、怪奇の世界……!

「怪しい少年少女博物館」高倉健さんの人形
といいつつ、2階に上がってすぐの所からは、高倉健さんらしき人形が見えますが、これはまァ置いといて……。

洋風ホラー

階段を上がって左側に行くと、洋風ホラーなオブジェやフィギュアが展示されています(たまに和風も紛れていますが……)。

「怪しい少年少女博物館」スカル
スカルや……(チャッキーもいますね)、

「怪しい少年少女博物館」ミイラっぽいオブジェ
ミイラっぽいオブジェ。

「怪しい少年少女博物館」恐竜っぽいオブジェ
たまに???なものも……。

上の写真は、Webサイトの情報によると韮沢靖さんという方のオブジェのようなのですが、詳細は不明です。

和風ホラー

階段の右側に行くと和風ホラーな展示になっています(ここにも洋風ホラーや人体模型が紛れていますが……)。

「怪しい少年少女博物館」わら人形
和風ホラーコーナーの入口には薄気味悪い人形が……。なんだなんだと近寄ってみると、

「怪しい少年少女博物館」わら人形看板
わ、わら人形……! 呪いのわら人形が300円で売っている……(割とお手ごろ価格)!
そして買ってすぐに打ちつけている人が結構いる……! しかもその内容を見るとかなりガチの怨みごとが書いてあったりする……!

怖っ……!

人を呪わば穴二つ……くわばらくわばら、と立ち去りましたが、今これを書きながら、呪わなくてもいいからわら人形セットだけでも買えばよかったかな……という気がしてきました。
でも家にわら人形セットがあるのもなんだかイヤなので、やっぱり買わなくてよかったのかもしれません……。

うらなかバッグ
ちなみに、うらなか書房は過去に「丑の刻参りのイラストのTシャツやグッズ」を作っていたことがありますが……これはリアルじゃないから……全然怖くないから……と言い訳。

「怪しい少年少女博物館」お岩さん
わら人形の傍には日本の幽霊たちの人形がありました。お岩さんにろくろ首、唐傘お化けなどなど……。
チープな人形といえばそうなのですが、背後にわら人形があるせいかなんだか妙な迫力を感じました(それと周りに人がいないので怖いというのもあったかも……平日だったからかめちゃくちゃ空いていて、その時間帯は私ども1組しか客がいませんでした)。

別棟 怪しい夜の学校(お化け屋敷)

そしてなんとここにはお化け屋敷もあるのです!

「怪しい少年少女博物館」夜の学校看板
1階に下りて、「怪しい夜の学校」の矢印どおりに進むと……、

「怪しい少年少女博物館」夜の学校入口
別棟の「怪しい夜の学校」が現れます!

で、この中は暗いので写真は撮れなかったのですが、いやはやまァ怖かった!
後で受付の方にきいたのですが、「昔ながらのお化け屋敷」をコンセプトにしているそうで、正にそういった印象を受けました。
通路が狭くて薄暗くて、ちょっとした仕掛けがあって……これだけでもう充分怖いんですよなァ。

先日行ったホラー水族館「呪いの水櫛」には、こういう基本的な要素が足りなかったのではないだろうか……!? などとつい比べてしまったりして……(あとあっちは周りに人がうじゃうじゃいたからなァ……)。

サンシャイン水族館がお化け屋敷に! 「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

トイレ

で、どうにかこうにかお化け屋敷から生還しまして、ハーヤレヤレとその傍にあったトイレに入った所……、

「怪しい少年少女博物館」トイレの人形
正面の窓に正体不明の人形が……!

ビックリして思わず「ヒャーッ!」と漫画のように叫んでしまいました(実はこれが1番心臓に悪かったかも)……。

おみやげ

「怪しい少年少女博物館」カードけむり

カードけむり」なるものが1枚10円で販売していたので買ってみました。
カードの裏にねばねばしたものがついていて、それを指につけて擦ると煙が出るという代物です。
家に帰ってやってみた所、ちょこっと煙が出ました(私のやり方が下手だからなのか、本当にちょこっと……)。

あとがき

帰りに受付の方に、「中のものは館長さんのコレクションなのですか?」と質問してみた所、なんと「データハウスという出版社が運営している」というお答えがかえってきたので驚きました。
私は「変わった趣味のお金持ちの人」が道楽でやっているイメージを勝手に抱いていたのですが、よくよく考えたらやっぱりこれだけのものを個人で集めるのは大変そうです……それに維持費やなんかもかかりますしね……。
受付周辺にあやしげな本に紛れてプログラムの本などが置いてあったのもこれで合点がいきました。

また、以前はペンギンに関する建物だったとのことで、駐車場にあったペンギンのオブジェの謎も解けました。
その頃から設置されていたオブジェをちょっと怪しく塗り直して現在も活用している……という訳ですね。

このあたりのいい感じの適当さも含めて、混沌としたムードがたまらなく楽しい珍スポットでした。
怪しいもの好きな方は是非遊びに行ってみてください!

姉妹館「まぼろし博覧会」
まぼろし博覧会~怪しい秘密基地~【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その2】

怪しい少年少女博物館」の姉妹館である「まぼろし博覧会~怪しい秘密基地~」のレポートです。よかったらこちらもご覧ください!

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

熱海秘宝館感想【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その3】

熱海秘宝館感想【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その3】

静岡伊豆半島の珍スポット「熱海秘宝館」のレポートです。春画や四十八手おみくじ、モンロー、貫一お宮、珍木馬、幻想ミラーなどなど、楽しくていやらしい仕掛けがいっぱいです!
Read More
まぼろし博覧会~怪しい秘密基地~【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その2】

まぼろし博覧会~怪しい秘密基地~【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その2】

静岡伊豆半島、伊東市にある「まぼろし博覧会~怪しい秘密基地~」(「怪しい少年少女博物館」の姉妹館)の感想です。昭和の風景、衛生博覧会、藪病院、遊郭、サーカス、わら人形などのちょっとホラーな展示などなど、レトロであやしいものがあふれている珍スポットです。
Read More
怪しい少年少女博物館【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その1】

怪しい少年少女博物館【静岡伊豆半島の珍スポット観光記その1】

静岡県の伊豆半島、伊東市にある「怪しい少年少女博物館」の探訪レポートです。昭和のファッション、小物、ホラーなオブジェやフィギュア、わら人形、そしてお化け屋敷も!
Read More