うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「鑑賞記録」の人気記事TOP3

「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

time 更新日:  time 公開日:2011/11/18

横浜桜木町にて「大唐十郎展 路地の展覧会」を鑑賞しました。

この記事では、その展覧会と、唐十郎繋がりということで、以前鑑賞した唐ゼミの公演「ユニコン物語 溶ける角篇」の感想をあわせて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

唐十郎とは

状況劇場」や「唐組」、「唐ゼミ」などのアングラ劇団の創始者。

こんな感じのお芝居です

大唐十郎展 路地の展覧会

大唐十郎展

開催日時

2011年11月1日(火)~20日(日)
13時~20時

会場

桜木町ぴおシティ地下2F

料金

無料

3つの展示場所

  • 袋小路展示場(小道具の部屋)
  • 喫茶肉体(ポスター、書籍の部屋)
  • 野毛トランク座(映像の部屋)

と、展示場所が3つに分かれていました。

袋小路展示場

無料なので正直そんなに期待していなかったのですが、「袋小路展示場」はちょっとした見世物小屋といってもいい位凝った展示でした(芝居で使われた小道具などが展示されていました)。

喫茶肉体

大唐十郎展「喫茶肉体」

閉店した喫茶店が展示場所でした。
それにしても「喫茶肉体」って……なんと素晴らしいネーミングセンス(まるでマンガ)!

喫茶肉体」では、


ジャパン・アヴァンギャルド -アングラ演劇傑作ポスター100-

Amazon

に載っていたポスターを何点か生で見ることができて嬉しかったです。

野毛トランク座

野毛トランク座」では、「蛇姫様」他いろいろな舞台の映像が上映されていて(日によって異なるそうです)、私もチラッと拝見しました。
入口」と書かれた黒幕をめくって会場に入って行くのがちょっと文化祭めいた雰囲気でワクワクしました。

ぴおシティ

会場である「ぴおシティ」自体もちょっとコアな雰囲気のあるビルです。
喫茶肉体」の隣には立ち飲み屋さんがあったりして(普通に営業中)、展示と周辺のムードがマッチしているように思えました。

これで観覧料無料とはかなりお得かも……!

「大唐十郎展 路地の展覧会」動画

動画を発見したので貼っておきます。

ユニコン物語 溶ける角篇

第10回公演  『ユニコン物語 溶ける角篇』(台東区篇より) – 公演情報 | 劇団唐ゼミ☆

唐十郎さんといえば、以前唐ゼミの舞台「ユニコン物語 溶ける角篇」を鑑賞したことがあります。

唐ゼミ「ユニコン物語 溶ける角篇」看板

靴を脱いでテントに入って、地べた(ビニールシートが敷いてある)に座って観るというシステムでした。
唐十郎=紅テント! というイメージがありますが、唐ゼミは確か青いテントでした(テントの写真はなし……。周囲が暗くなってしまって、テントの写真を撮り損ねた覚えがあります……)。

大きいテントに150人くらいの客が入場、という状況で観劇したのですが、9月だというのにものすごくムシムシして暑かったです。
ギュウギュウ詰めで座ったらあと50人くらいは入れたのかもしれませんが、満員だったら息苦しくてしょうがなかったと思います(比喩ではなく、終盤はかなり酸素が薄かった気がします)……。
役者さんも汗だくになって演じていて大変そうでした……。

話はあんまりよく分からなかったのですが、小道具が凝っていたので観ていて楽しかったです。

唐ゼミ「ユニコン物語 溶ける角篇」の赤紙
劇中客席に降ってきた赤紙。お土産として頂いちゃいました。

劇場ではなく、テントならではのアッと驚く仕掛けがあったりもして、約3時間と長めの舞台でしたが結構満喫できました。
これでお代は2000円だったので、舞台にしてはかなり良心的ではないかと(もっと短くて、舞台ならではの仕掛けがある訳でもなく、特に話が面白い訳でもないのに平気で5000円とかとる舞台もあるので)……。

舞台って、独特のわざとらしさがあってちょっと苦手なのですが(何事も経験と思いこれまで何度か観ましたが、どうにもハマれず……)、これは観ておいてよかったです。

ポスター集

寺山修司生誕80年|ポスターハリスギャラリークロージング企画Vol.1 『ジャパン・アヴァンギャルドーアングラ演劇傑作ポスター展』

寺山修司の「天井桟敷」や唐十郎の「状況劇場」など、60~70年代に活躍したアングラ劇団のポスター集です。

その名の通りアヴァンギャルド(前衛的、革新的)でとてもイカしたポスター集なのですが、サイズがA3サイズなのでかなり大きめです。
もしご購入なさる場合は、本棚に入るかどうか確認してからの方がよろしいでしょう。

上記ページで、本に収録されているポスターをいくつかご覧になることができます。


ジャパン・アヴァンギャルド -アングラ演劇傑作ポスター100-

Amazon

スポンサーリンク


follow us in feedly  友だち追加数
 

ブログの更新をメールでお知らせします!

たまに毒吐くちゃん

この記事をシェアする

たまに毒吐くちゃん

関連する記事

たまに毒吐くちゃん

この記事への反応

出展記録

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

ClubTでTシャツやバッグを販売しています

プロフィール

うらなか書房

うらなか書房

あやしい絵を描いて、それをTシャツグッズにしています。


ホラー映画カルト映画、その他少し物騒なもの奇妙なものを見たり読んだりすることが好きです。

ちょっと変人かもしれませんが、危ない感じではなくただのヘッポコなので、お気軽にSNSでのフォローコメントをお願いします!

詳細なプロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して「購読」ボタンをクリックすると、このブログの更新情報をメールで受信できます。

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

うらなか書房のおすすめ映画

うらなか書房のおすすめ映画
うらなか書房がおすすめのホラー映画カルト映画B級映画などをAmazonで紹介しています。


スポンサーリンク

Twitter