うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「雑記」の人気記事TOP3

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

time 更新日:  time 公開日:2016/02/20

有名人が逮捕されたり、不祥事を起こして大変なバッシングを受けているのを見ると、彼らのように浮き沈みの激しい人生と、自分のようにあまり浮き沈みのない人生、一体どちらが幸せなのだろう……などということをつい考えてしまう。

図にするとこんな感じ

浮き沈みの激しい人生と浮き沈みのあまりない人生
……浮き沈みの激しい人生
……あまり浮き沈みのない人生

あまり浮き沈みのない自分から見ると、浮き沈みの激しい人生は疲れそうに思えるけれど、大きな喜びを知っている分、彼らの方が幸せといえるのだろうか。
それともやはりどん底の時がキツイだろうか。

sponsored link

結局はプラスマイナスゼロ?

いろいろ思う内、浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが、結局はプラスマイナスゼロなのかもしれない……という考えが浮かんでくる。
そして先ほどの図の中心あたりにゼロの線を書き足したくなる。

プラスマイナスゼロ

一見正しいような気がするが、なんとなくしっくり来ないものがある。

そこで0の位置をずらしてみることにする。

基本的に人生はつらい

人生は基本的につらい

0の位置を上にずらすとどうだろう。

どちらにしろ、マイナス圏でウロウロしているだけなのだ……という風に見えてくる。
この方がしっくり来る気がする。

なぜかというと、よくいわれることだが、「悩みがない人なんていない」からだ。

お金だとか人間関係だとか、そういった後天的な悩みもあるだろうが、もっと根本的な問題がある。

お釈迦様が仰ったという「生老病死」を含む「四苦八苦」に、誰もが生まれながらにして悩まされているのだ。

何もかもが順調で幸せそうに見える人生も、

幸せそうな人もマイナス圏
ピンク……何もかもが順調で幸せそうに見える人生

実はマイナス圏で蠢いているに過ぎない(お釈迦様はある国の王子として生まれ、傍から見れば何の不自由もなく暮らしていたはずなのに、人生について深く思い悩んでいた)。

外国の人から見れば、日本に生まれただけで幸せなように思えるかもしれないが、日本人の幸福度はそれほど高くないようである。

日本人の「幸福度」は先進国で最下位 「幸せはお金で買えない」国民性なのか

それと同じように、私たちから見て「幸せに違いない」と思える人も、実際に幸せとは限らない。

きっとどんな人でも、意識するかしないかや、程度の差はあるだろうが、「どうせ死ぬのに何故生まれたのだろう」というモヤモヤを根底に抱えながら生きているのではなかろうか。

昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかゝって
完全な死体となるのである
寺山修司の詩「懐かしのわが家」より


墓場まで何マイル?

Amazon 

なんだか暗い話のようだけど……

上記を踏まえると、

この男に言ってやったものだろうか。人生の意慾せらるべきものではないゆえんをお前に教えてくれるというちょうどその点に、人生というものの価値があるのだということを?!
ショウペンハウエル『自殺について』より

なんて厭世的なことをいう哲学者の気持ちも、ちょっとは理解できるような気がしてくる。


自殺について

Amazon 楽天ブックス

暗い……

しかしつらいのが当たり前と分かっていれば、つらいことが起きてもあまり落ち込まずに済むし、楽しいことが起こったら、それはとてもありがたいことだと、逆に前向きに考えることもできるのではないだろうか。

また、イケ好かない誰かに対しても、「アイツだって日増しに老いていき、いつか病気になり死ぬのだ。コロッといく可能性もあるが、とにかく確実に死ぬのだ」と考えれば、諦めにも似た優しい気持ちを持つことができないだろうか。

そして人生とは、

どんな状態でも幸せ

上の図のように、0をどんどん下にずらして、最終的に「どんな状態でも幸せなんだ」と(真実はどうであれ)思い込めるようにする修行なのかもしれない。

その思い込みが「悟り」というものなのかもしれない(全然違うかもしれない)。

かくいう私は、上記の悟りの境地には到底達していない。
死ぬまでに達せるかどうかも危うい。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

反出生主義とチャイルドフリー

反出生主義とチャイルドフリー

反出生主義とチャイルドフリーの違い、自分が子供が欲しくない理由、人間はゆるやかに滅亡していったほうがいいのでは…などということを書いています。
Read More
猫には敵わない

猫には敵わない

飼い猫・絵金の子猫の頃から成猫になるまでの写真を載せています。また、絵金への愛も語っています。
Read More
奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

アートフリマで奇抜な格好をしていたら、目立ってもっとうらなか書房の知名度が上がっていただろうか…。しかしもしもそうなったとしても後悔した気がするので、やらなくてよかったのかも。根底には面倒くさいという気持ちがあったりもしたのだけど…というようなことを書いています。
Read More
ブログに雑記を書いている理由

ブログに雑記を書いている理由

ブログにコラムやエッセイのような雑記を書いても、アクセス数はあまり増えない…。しかし全く無意味ではないのではないか、ということを書いています。
Read More
人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

「人付き合い苦手なやつだけがわかる『あるある』50選」という記事を読んで感じたことを書いています。共感した部分についてや、ちょっと暗いですが家庭環境のことにまで思いを馳せてみました。
Read More
意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

SNSで自慢する人も、その自慢を見て暗い気持ちになってしまう人も、「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ちを持つことが大事なのでは…といいつつも、それができたら苦労しない、という話です。
Read More
人間を生み出すことへの恐れ~芳年『奥州安達が原ひとつ家の図』や自分の絵のことなど~

人間を生み出すことへの恐れ~芳年『奥州安達が原ひとつ家の図』や自分の絵のことなど~

自分が頽廃的な言葉や絵などに惹かれるのは、人間を生み出すことへの恐れが根底にあるからなのかもしれない、ということを書いています。また、逆さ吊りの妊婦が描かれている絵、芳年の『奥州安達が原ひとつ家の図』などを紹介しています。
Read More
どろどろの沼のような不安

どろどろの沼のような不安

幼少期に親に暗い話ばかりを聞かされたせいで、自分は常に不安を感じているのではないか……心の土台とでもいうべきものがないのでないか、ということを書いています。
Read More
障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

学生の時のモヤモヤした思い出から、「憎まれっ子世にはばかる」について考えてみました。
Read More
誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

「人類補完計画」とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するもので、全人類をひとつの生命体にするという計画。いがみ合ったり傷つけ合ったりする人々を見ていると、この架空の計画が素晴らしいものに思えてくるようになったという話です。
Read More
ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノは世間的にはよくないものとされていますが、生殖に繋がる可能性があるのでそこまで目くじらを立てなくてもよいのでは……? それよりももっと毒になる本や映画があるような(生きる意欲をそがれるような)……という話です。
Read More
言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

「もっと自分の主張を押し通した方がいいのだろうか」とモヤモヤしつつも、誰かと議論したり口論したりするのは面倒くさい…。それは「自分は人と少し違うから、他人に理解してもらえるはずがない」という気持ちが根底にあるからなのかも…? その他変わり者について少し触れています。
Read More
ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

あまり綺麗すぎても興をそがれる…かといって自主制作並みの画質だと入り込めない…ブライアン・ポーリン監督やオラフ・イッテンバッハ監督、トロマ社の映画などを観て、ホラー映画の画質や演技などについて(それと重ね合わせて自分の絵についても少し)考えてみました。
Read More
「絶対的な幸せ」と「相対的な幸せ」~中崎タツヤさんの漫画を読んで

「絶対的な幸せ」と「相対的な幸せ」~中崎タツヤさんの漫画を読んで

中崎タツヤさんの漫画を読んで、他人と比べる「相対的な幸せ」と、自分が心の底から幸せだと感じられる「絶対的な幸せ」について考えを巡らせてみました。
Read More
『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで、カフカと、カフカの友人で流行作家であったというマックス・ブロートとの関係から、幸福について考えてみました。
Read More
「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違い、そして謙虚になるか卑屈になるかは「自己肯定感」が左右しているのでは……ということを自分なりに考えてみました。
Read More
浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

有名人が逮捕されたり、不祥事を起こして大変なバッシングを受けているのを見ると、彼らのように浮き沈みが激しい人生と、自分のように浮き沈みがあまりない人生、一体どちらが幸せなのだろう……などということをつい考えてしまう。
Read More
別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログで、人気者になるべくゆるキャラのようなものを描いていた話です。
Read More
「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

人間も動物と同じく弱肉強食であることには変わりないのに、優しさや思いやりが美徳とされているのはなぜだろうか―。人間の強者と弱者について考えてみました。
Read More