うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「雑記」の人気記事TOP3

障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

time 更新日:  time 公開日:2016/12/06

学生の時、同じクラスに障害者の男の子がいた。大きい体を常に左右にゆらゆら動かしていて、時折奇声を発する。障害があることがひと目で分かる重度の障害者であった。
クラスの人気者の女子が、その子をよくかわいがっていた。かわいいかわいいといって抱きついたりしていた。だからといって甲斐甲斐しく世話をするということはなかった。彼の面倒をよく見ていたのは、おとなしくて無口な別の女の子であった。人気者の女子は気が向いた時にかわいいかわいいといって彼に抱きつくだけであった。今思えばあれこそが「かわいいと言っている自分がかわいい」女子というものだったのだろう。

その人気者の女子は、障害者の彼をかわいがる一方、クラスの冴えない男子のことを毛嫌いしていた。それを本人に分かるように露骨に態度で示していた。どちらとも特別仲が良かった訳ではない私が気付いた位だから、嫌われていた男子本人はもちろん分かっていただろう。その男子がどれだけの強さのメンタルを持っていたか、私には知る由もないが、全く傷付かなかったということは考えにくい。
障害者の男子はかわいがるのに、冴えない男子には「気持ち悪い」という態度を露骨に示す――。人気者の彼女の、「この人は傷付けてもいい」の基準は、一体なんだったのだろうか。

今考えても私にははっきりとは分からないが、もしかしたら彼女が障害者の彼に優しかったのは、「かわいいと言っている自分がかわいい」に加えて、無意識的に周囲の……教師などの大人も含めて……好感度を上げるためにやっていたことなのかもしれない。
無意識的に、と書いたのは、それを意識してするほど狡猾であれば、恐らく冴えない男子を大っぴらに傷付けるような真似もしなかっただろうからだ(もっと人目につかない所でいじめたに違いない)。

これは私の単なる憶測であるが……もしも冴えない男子に障害名や病名がついていたら、人気者の彼女は彼にもきっと優しく接したのだと思う。少なくとも、人前で彼を傷付けるようなことはしなかっただろう。こういう人は自分の株が下がることに関しては嗅覚が優れている気がするので。
しかしそれにより彼は救われるが、今度は別の人物……傷付けてもいいギリギリのラインの人物……が標的になっていたに違いない(そしてそれはもしかしたら私だったかもしれない)。

私はそういったことを目にして、なんだかモヤモヤしたものを感じたのだが、何度も書いているように彼女はクラスの人気者であった。実際はどうだか分からないが、少なくとも私には……尾崎翠風にいうなら、苔のように生きていた私の目には、そのように映った。こういったことから私は世の中の不条理というものを学んだ気がする。

要領がよく、世渡りが上手い人気者の彼女は、恐らく大人になった今も幸せに暮らしているに違いない。
彼女に子供ができたとして、その子供が同級生を嫌っていることを露骨に態度で示し傷付けていたら、彼女は母親としてどのような対処をするのだろうか。
自分が同じようなことをやっていたから、「まァ、これ位はいじめではないよね」と放っておくのか。自分のことを棚に上げて叱るのか。自分がそんなことをやったことすら忘れていて、「いじめはよくない」などともっともらしいお説教をするのか。

逆に自分の子供が傷付けられたらどうするのだろう。傷付いている息子の姿を見て、「あの時、私も彼を今の我が子のように傷付けてしまったのかもしれない」と罪悪感にかられたりするだろうか。
いや……恐らくそんなことはない。「親の因果が子に報い……」などとは露ほども思わないだろう。きっと彼女は、冴えない男子を傷付けたことなど覚えていないに違いない。彼女にとっては、蚊やゴキブリをつぶしたほどの些細な出来事であっただろうから。
逆に、「私は障害者をかわいがってあげたほどの善人なのに、私の子供がなぜこのようなつらい目にあうのだろう」と嘆いたりするのかもしれない。

実際は、こういう人の子供はいじめっ子にはなってもいじめられっ子になる確率は限りなく低いので、やはり家族ともども幸せに暮らしていくのだろう。子供は同級生を軽くいじめながら……自分はママ友かなんかを軽くいじめながら。そしてその口で子供に「障害者には優しくしなさい」といってきかせるのだろう。
障害があろうがなかろうが、誰にでも優しくできるのが理想だと思うけれど……。しかし気に入らない人を平気で傷付ける人の方が、社会的に権力を持ちやすい気がする。「憎まれっ子世にはばかる」とはこういったことなのだろうか。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

猫には敵わない

猫には敵わない

飼い猫・絵金の子猫の頃から成猫になるまでの写真を載せています。また、絵金への愛も語っています。
Read More
奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

アートフリマで奇抜な格好をしていたら、目立ってもっとうらなか書房の知名度が上がっていただろうか…。しかしもしもそうなったとしても後悔した気がするので、やらなくてよかったのかも。根底には面倒くさいという気持ちがあったりもしたのだけど…というようなことを書いています。
Read More
ブログに雑記を書いている理由

ブログに雑記を書いている理由

ブログにコラムやエッセイのような雑記を書いても、アクセス数はあまり増えない…。しかし全く無意味ではないのではないか、ということを書いています。
Read More
人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

「人付き合い苦手なやつだけがわかる『あるある』50選」という記事を読んで感じたことを書いています。共感した部分についてや、ちょっと暗いですが家庭環境のことにまで思いを馳せてみました。
Read More
意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

SNSで自慢する人も、その自慢を見て暗い気持ちになってしまう人も、「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ちを持つことが大事なのでは…といいつつも、それができたら苦労しない、という話です。
Read More
人間を生み出すことへの恐れ~芳年『奥州安達が原ひとつ家の図』や自分の絵のことなど~

人間を生み出すことへの恐れ~芳年『奥州安達が原ひとつ家の図』や自分の絵のことなど~

自分が頽廃的な言葉や絵などに惹かれるのは、人間を生み出すことへの恐れが根底にあるからなのかもしれない、ということを書いています。また、逆さ吊りの妊婦が描かれている絵、芳年の『奥州安達が原ひとつ家の図』などを紹介しています。
Read More
どろどろの沼のような不安

どろどろの沼のような不安

幼少期に親に暗い話ばかりを聞かされたせいで、自分は常に不安を感じているのではないか……心の土台とでもいうべきものがないのでないか、ということを書いています。
Read More
障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

学生の時のモヤモヤした思い出から、「憎まれっ子世にはばかる」について考えてみました。
Read More
誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

「人類補完計画」とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するもので、全人類をひとつの生命体にするという計画。いがみ合ったり傷つけ合ったりする人々を見ていると、この架空の計画が素晴らしいものに思えてくるようになったという話です。
Read More
ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノは世間的にはよくないものとされていますが、生殖に繋がる可能性があるのでそこまで目くじらを立てなくてもよいのでは……? それよりももっと毒になる本や映画があるような(生きる意欲をそがれるような)……という話です。
Read More
言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

「もっと自分の主張を押し通した方がいいのだろうか」とモヤモヤしつつも、誰かと議論したり口論したりするのは面倒くさい…。それは「自分は人と少し違うから、他人に理解してもらえるはずがない」という気持ちが根底にあるからなのかも…? その他変わり者について少し触れています。
Read More
ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

あまり綺麗すぎても興をそがれる…かといって自主制作並みの画質だと入り込めない…ブライアン・ポーリン監督やオラフ・イッテンバッハ監督、トロマ社の映画などを観て、ホラー映画の画質や演技などについて(それと重ね合わせて自分の絵についても少し)考えてみました。
Read More
生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集

反出生主義や厭世的、虚無的な言葉を集めました(シオラン、芥川龍之介、稲垣足穂など)。映画『少年は残酷な弓を射る』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の紹介も少しですがしています。
Read More
「絶対的な幸せ」と「相対的な幸せ」~中崎タツヤさんの漫画を読んで

「絶対的な幸せ」と「相対的な幸せ」~中崎タツヤさんの漫画を読んで

中崎タツヤさんの漫画を読んで、他人と比べる「相対的な幸せ」と、自分が心の底から幸せだと感じられる「絶対的な幸せ」について考えを巡らせてみました。
Read More
『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで、カフカと、カフカの友人で流行作家であったというマックス・ブロートとの関係から、幸福について考えてみました。
Read More
「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違い、そして謙虚になるか卑屈になるかは「自己肯定感」が左右しているのでは……ということを自分なりに考えてみました。
Read More
浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

有名人が逮捕されたり、不祥事を起こして大変なバッシングを受けているのを見ると、彼らのように浮き沈みが激しい人生と、自分のように浮き沈みがあまりない人生、一体どちらが幸せなのだろう……などということをつい考えてしまう。
Read More
別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログで、人気者になるべくゆるキャラのようなものを描いていた話です。
Read More
「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

人間も動物と同じく弱肉強食であることには変わりないのに、優しさや思いやりが美徳とされているのはなぜだろうか―。人間の強者と弱者について考えてみました。
Read More