うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「鑑賞記録」の人気記事TOP3

サンシャイン水族館がお化け屋敷に! 「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

time 更新日:  time 公開日:2016/10/26

サンシャインホラー水族館(お化け屋敷)「呪いの水櫛」看板

2016年10月24日(月)、池袋サンシャイン水族館で行われている特別イベント「呪いの水櫛」に行ってきました!
この記事ではその感想を書こうと思います(ネタバレあり)。

sponsored link

「呪いの水櫛」とは

夜のサンシャイン水族館がお化け屋敷に!

開催期間 2016年10月1日~10月31日
時間 18:30~21:00(金・土、祝前日は21:30まで)
備考
  • 最終入場は終了1時間前
  • 券の販売開始は17:30から
  • 土日祝日と最終日は朝10時から整理券を配布

「呪いの水櫛」あらすじ

夜中の水槽を、見てはいけない。

ある海でしず子という女性が亡くなった。恋人からもらった大切な櫛を海に落とし、それを追いかけたためである。
そのしず子の霊が夜な夜な海中を彷徨っているという噂が立ち、そこには誰も近付こうとはしなかったのだが……。

混みすぎていて1回目は入れず

夜の水族館がお化け屋敷に……!? まるで江戸川乱歩の『緑衣の鬼R』のようではないか……! と思いさらっと読み返してみたら水族館の廃墟がちょこっと出てくるだけで、しかもお化けではなく殺人事件の話なので似ても似つかぬものだったのですが、一度連想するとそのイメージがなかなか拭えずなんだかとっても妖しくて面白そう……これは是非行かねば! と行く気マンマンに。

それにもしもお化け屋敷が子供だましでつまらなかったとしても、水族館として楽しめばいいのではないか……なんという一石二鳥なお得イベント! という訳で、10月14日(金)、意気揚々とサンシャイン水族館に向かいました。
しかし、同じように思った方がたくさんいたということでしょうか、19時に着いた時点で既に受付が終了していました……人気ありすぎィ!

2回目は早めに向かう

1回目は、「平日だしそんなに混んでいないだろう。20時まで入場できるというので、最悪20時につけばいっか」となめてかかっていたので、2回目は気合を入れて行くことに。目標、17時半のチケット販売開始前に到着!……と思ったら、張り切りすぎて16時頃に着きました。しかし驚いたことに、その時点でもう人が結構たくさん待っていました。数十人……いや、もしかしたら100人を超えていたかも……?

で、チケット販売開始までひたすら立ちっぱなしで待ちます……その間にもわらわらわらわら人が来る……! その日は月曜日だったのですがものすごい混みようだったので、そりゃあ金曜日の19時に着いて入れる訳がない……と待っている間に痛感しました。

17時半にチケット販売開始で、チケットを入手できたのは17時50分ごろでしょうか。
チケットと一緒に、「何時~何時の間に来てね」という紙を渡されます。

サンシャイン水族館お化け屋敷「呪いの水櫛」時間の紙

チケットさえ手に入れれば、あとは20:00までに自分の好きなタイミングで入ればいいのかな、と考えていたのですが、そうではなく、入場時間も細かく決められていました。
小腹も空いたし、16時からずっと立ちっぱなしだし、チケット入手後に少し休憩して……なんて考えていたのですが、一番早い時間の入場だったので、結局トイレに行っただけでまたもや入口にすぐ並ぶことに……。

いよいよ水族館に入館

で、18時15分~と上の紙には書いてあったのですが、18時ちょっとすぎから水族館に入れました(入口で上の紙の時間をチェックされるのでズルはできません)。
しかし始まるのは18:30ということで、入館してからもしばらくは待ちます。その間に再度チケットのチェックがあります(駐車券を出すのはチケット販売所ではなくここになります)。また、

  • 中にはチェックポイントがある
  • ヘッドフォンを装着して音声を聞く
  • チェックポイントにある画面をペン先でタッチすると音声が流れ始める

などという説明を受けます。

サンシャインホラー水族館(お化け屋敷)「呪いの水櫛」チェックポイント
チェックポイントとペンについての説明書

電子ペンと繋げたヘッドフォンを装着し、いざ、お化け屋敷に突入です!

スポンサーリンク




お化け屋敷に突入

1階

待ちに待った水族館お化け屋敷! 中は撮影禁止なので、文章での説明になってしまうのですが……結論から申しますと、うん、いやァ、もうこれが全く怖くなく……。
私はホラー映画好きにもかかわらずお化け屋敷が苦手なのですが、そういう私ですらちっとも怖くなかったので、怖いお化け屋敷が好きな方は全く物足りなかっただろうと思います(子供もいましたがケロッとしていました)。

始めこそドキドキするものの、周りに人がいっぱいいるので大変安心感があります。
明るい水槽では魚を見ることもできて、「キレイだなァ……」なんて見とれていたら音声を聞くのがお留守になっていて途中からストーリーがよく分からなくなったり……(でもまァそんなに支障はなかったです)。

で、肝心のお化けはというと、これがマネキンばっかり(それもほとんどがただ床に転がされている)という……。

2階

2階に行く時に、おもちゃのろうそくを1組につき1個渡されます。
ここで各組が少し距離を置かされるので、一瞬周りに人がいなくなって、これから怖くなるのかな……!? と期待したのですが、2階はただ暗さが増しただけで怖さは1階とそれほど変わらず(結局しばらくすると前の人たちに追いついてしまうし)……。
怖くもないし、しかも1階と違って水槽は暗くてよく見えないし……なんだか1階より損した気分。魚を見たいなら、やはりきちんと昼間に行かないとダメですね。全然一石二鳥ではありませんでした……。

2階でやっと人力のお化け(?)が出てきましたが、1度のみ。あとは人形映像でした……。

クライマックスのイベント

ラストは、しず子の呪いを解いてあげよう! という訳で、しず子の髪を例の櫛で梳かすというビッグイベントが。
しかしここで「えっ……!?」となったのが、問答無用で4人1組にされてしまうこと。
4人組未満の場合、誰か知らんそこら辺の人と4人1組にされて、その中の代表者1名がしず子の髪を梳くことになります。
いやまァこれが気まずいのなんのって……。私の場合は、連れと、あと見知らぬカップルとで4人1組になりまして、じゃんけんで誰が髪を梳くかを決めることに……。

で、無事カップルの兄ちゃんがじゃんけんに負けて、しず子(思いっきり人形)の髪を梳くと(あとの3人は後ろで見てる)……人形の背後からプシューッとガスが出て、みんながちょっとビクッとなる……で、おしまいです……。

オチ

水族館を出た所で手紙を渡されます。

サンシャインホラー水族館(お化け屋敷)「呪いの水櫛」手紙

髪を梳かしてくれて、ありがとうございます。
今夜、お礼にうかがいます。

おー、なるほど……! 怖いというよりなんだか感心できるオチでした。梳かしたのはカップルの兄ちゃんだし……どんどん行ったれ行ったれ! という感じでした。

目玉ドリンク

水族館を出るとグッズショップがありました。ざっと見たのですが普通のグッズしか置いていないようだったので、1階に下りて「カナロアカフェ」という所に入りました。ここで「目玉ドリンク」と「ホラーハンバーグ」が売っています。

サンシャインホラー水族館(お化け屋敷)「呪いの水櫛」目玉ドリンク

私は「目玉ドリンク」を頼んでみました。値段は700円とちょっとお高め……。
目玉は氷に薄いゼリーが貼り付いている感じ、飲み物はジンジャーエールにいちごが混ざっているものでした(多分)。「ホラーハンバーグ」はあまり美味しそうではなかったので頼みませんでした……。

このカフェもめちゃくちゃ混んでいるんだろうなァ……と思ったら、割と空いていました(初回入場だったからなのでしょうか?)。
お化け屋敷を巡るのに丸々1時間くらいかかったと思うので、そうすると夕方からの待ち時間を含めて約3時間半ぶりの休憩……う~ん、疲れました。

指クッキー」というグッズも販売されているはずなのですが、カフェにはなかったので、2階のグッズ売り場のどこかにあったのかも……(パッと見では分かりませんでした)?

最後の最後

休憩を終えて、カフェを出ると一旦屋外に出るようになっています。そこで色つきの噴水などを見ながら元いた入口の方に戻ります。屋内に入ると、

サンシャインホラー水族館(お化け屋敷)「呪いの水櫛」シャワー看板

こんな看板が……。手紙のオチを画像にしたということなんでしょう。

しかしめちゃくちゃ明るい場所に置いてあったので全く怖くありませんでした(写真を撮っているのも私くらい……皆素通りしていました……)。

感想

そんなに並んでまで見るものでもなかった

……というのが正直な感想です……。
入場料もそこそこお高いですし……(大人2000円、ペアで3200円)。

しかし見なかったら見なかったで後悔しそうなので、行ってスッキリしました。

ガチガチのホラーをお求めの方だとガッカリすることこの上ないと思いますが、カップルがデートで行くにはあれくらいの怖さがちょうどいいのかもしれません。

サンシャイン水族館✕お化け屋敷プロデューサー五味弘文 ホラー水族館「呪いの水櫛」

残り期間があと数日なので、ご興味がある方はお早めにどうぞ!

2016年10月31日で終了しました。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

【展覧会】アドルフ・ヴェルフリ「二萬五千頁の王国」【アウトサイダー・アート/アール・ブリュット】

【展覧会】アドルフ・ヴェルフリ「二萬五千頁の王国」【アウトサイダー・アート/アール・ブリュット】

アウトサイダーアート/アール・ブリュットの代表的な芸術家のうちのひとり、アドルフ・ヴェルフリの日本での初の大規模な個展「二萬五千頁の王国」を観た感想です。繰り返し表れる独特の装飾的な模様、ポップな色使い、所狭しと並べられる音符や文字が特徴的です。
Read More
首くくり栲象(たくぞう)さんの首吊り公演の感想【動画・画像あり】

首くくり栲象(たくぞう)さんの首吊り公演の感想【動画・画像あり】

首くくり栲象さんの庭劇場での首吊り公演のレポートです(2017年4月27日)。動画や画像もあります。
Read More
「もうどくてん2」感想~毒を持つ生き物たちの展覧会~

「もうどくてん2」感想~毒を持つ生き物たちの展覧会~

2017年3月16日(木)〜 2017年6月25日(日)に池袋サンシャイン水族館で開催されている「もうどくてん2」のレポートです。毒レベルごとに印象に残った生き物を紹介しています。画像多数あり。
Read More
サンシャイン水族館がお化け屋敷に!  「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

サンシャイン水族館がお化け屋敷に! 「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

夜の水族館がお化け屋敷に! 2016年10月に行われた池袋サンシャイン水族館の特別イベント「呪いの水櫛」の感想・レポートです(ネタバレあり)。
Read More
【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

「キモい展」で展示されていたヘビ、カエル、トカゲ、ヤモリ、ゴキブリ、クモ、ムカデ、ミルワーム、ハダカデバネズミなどの写真と動画を載せています。
Read More
ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

路上舞踏家・ギリヤーク尼ヶ崎さんについての記事です。2009年、新宿三井ビル55広場の公演を見た時の感想と動画(「念仏じょんがら」等)を載せています。
Read More
橘小夢(たちばなさゆめ)~怖いのに美しい絵を描いた幻の画家~

橘小夢(たちばなさゆめ)~怖いのに美しい絵を描いた幻の画家~

幻想怪奇、耽美、妖麗な絵を描いた幻の画家、橘小夢についての記事です。
Read More
ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

2012~2013年にギャラリー新宿座で行われた「新宿秘宝館」(鳥羽「SF未来館」を再現した展覧会)に関する記事です。写真や感想を載せています。
Read More
【観光】高知「絵金祭り」~血みどろ屏風絵が路上に飾られる珍しいお祭り

【観光】高知「絵金祭り」~血みどろ屏風絵が路上に飾られる珍しいお祭り

血みどろ屏風絵が飾られる「絵金祭り」と「須留田八幡宮神祭」、「絵金蔵」について書いています。その他高知について気になること……「ごめん・なはり線」や「いざなぎ流」についてちょこっと触れています。
Read More
大寅興行社の見世物小屋を鑑賞した思い出【新宿花園神社酉の市にて】

大寅興行社の見世物小屋を鑑賞した思い出【新宿花園神社酉の市にて】

2005年に大寅興行の社見世物小屋を鑑賞した時の感想や看板の写真など。見世物小屋が出てくる映画、本(江戸川乱歩)、漫画(丸尾末広)の紹介もしています。
Read More
「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

2011年に開催された「大唐十郎展 路地の展覧会」の鑑賞記録。2006年に行われた唐ゼミの公演「ユニコン物語~溶ける角篇」についても少し触れています。
Read More
大日本プロレスのデスマッチを観戦【イチオシのレスラーは葛西純選手】

大日本プロレスのデスマッチを観戦【イチオシのレスラーは葛西純選手】

様々な凶器を用いて血みどろのデスマッチを行う「大日本プロレス」の試合を観戦した感想と、おすすめのレスラー・葛西純選手について書いています。
Read More
六本木「金魚」のダンスショー

六本木「金魚」のダンスショー

六本木「金魚」のダンスショーの鑑賞記録です。
Read More