うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「鑑賞記録」の人気記事TOP3

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

time 更新日:  time 公開日:2016/05/06

新宿秘宝館

2012~2013年にかけて、「新宿秘宝館」という展覧会が開催されていました。
三重県鳥羽市にかつて「SF未来館」という秘宝館があったそうなのですが、「新宿秘宝館」はその「SF未来館」を再現した刺激的な展覧会でした。

新宿秘宝館」が行われたのは「ギャラリー新宿座」というギャラリーだったのですが、残念ながらここも2016年5月1日で閉館してしまったとのこと……。

新宿秘宝館」は写真撮り放題、ブログなどにアップもOKとのことだったので(一部展示除く)、以下に記録として載せておこうと思います(携帯で撮った写真なのでかなりひどい画質ですがご容赦ください。。。)。



鳥羽の秘宝館「SF未来館」とは


精子宮:鳥羽国際秘宝館・SF未来館のすべて

Amazon

三重県にあった秘宝館です(2000年に閉館)。
ちょっと卑猥な蝋人形が飾られていたそうです。

それもただ単に飾られていたのではなく、近未来、宇宙人による人間狩りが行われ、新人類(超未来人)を製造云々……というSF仕立てのストーリーに基づく展示がされていたのだとか。

「新宿秘宝館」とは

鳥羽の「SF未来館」を再現した展覧会。
SF未来館」が閉館される際に、収蔵されていた蝋人形を買い取った方がいて(都築響一さん)、今は個人の私物となっているその蝋人形の一部を展覧会でお披露目してくれたという訳です。

その後も時々「SF未来館」(と、その姉妹館である「元祖国際秘宝館」)を再現する展覧会を行っているようです。

「新宿秘宝館」の展示

新宿秘宝館

上の画像を見て、エロ洒落た雰囲気の展示かと想像していたのですが、思ったよりおバカっぽいノリがありました。

人間狩り

宇宙人が人間を捕まえて、新人類(超未来人)を作るのだ!……というストーリー

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」人間狩り
捕えられる人々

抹殺される人間もいる

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」抹殺される人

完璧な超未来人を作るべく選別が行われる。
そのため、お前らはいらん! と宇宙人に抹殺されてしまう人間もいるのだとか……おおコワ……!

強制的に繁殖

搾り取られる男性

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」搾り取られる男性

とにかく産めよ増やせよ、と精子を搾り取られる男性……。

それを注入される女性

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」注入される女性
ギャー!

脳移植

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」の脳みそ

人間の様々なパーツが飾られている棚がありました。
中には脳みそも……。

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」叫んでいる女性

この女、いい体してやがるがオツムがなァ……といった感じでしょうか。
完璧な人間に近付けるべく優秀な脳を移植されているようです。

すぐに大人にさせられる

赤ちゃんは3年間で18歳の身体にまで成長

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」赤ちゃん
甘えている暇などありません……!

このカプセルが成長を促進させるのだとか……

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」カプセルに入った女性
成長中の子供

早く大人になってどんどん子供を産め! ということだそうです……。

超未来人

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」超未来人

そして優秀な人間にどんどん子供を産ませて出来上がったのがこの「超未来人」。

2メートル越えの身長で、両性具有なんだとか……。

感想

エロス、というより、助平、という言葉がしっくりくる展覧会でした。

助平……なんて底抜けに明るい響きの言葉でしょうか。
この展覧会を観に行ったのはちょっとつらいことがあった時期だったのですが、これを見ている最中はそれを忘れて、何だか笑ってしまいました。
おバカなエロは素晴らしいです(ちょっと優生思想産む機械を思わせてゾッとする所もありましたが……)。

しかし秘宝館は今やもう絶滅(?)寸前のようですし、「新宿秘宝館」を開催していたギャラリー新宿座も閉館してしまったとのことで、なんだか寂しいですね……。

世の中がどんどん小綺麗になっていっているように感じるのは、私の気のせいでしょうか。
こういった娯楽施設や映画、漫画、小説などの文化は、少し猥雑な雰囲気がある方が楽しいのになァ……としみじみ思ったりします。


精子宮:鳥羽国際秘宝館・SF未来館のすべて

Amazon


家畜人ヤプー(第1巻)

Amazon 楽天ブックス

SF未来館」と「家畜人ヤプー」……どことなく世界観が似ているような……。


follow us in feedly  友だち追加数
 

 

ブログの更新をメールでお知らせします!

たまに毒吐くちゃん

この記事をシェアする

たまに毒吐くちゃん

関連する記事

出展記録

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

ClubTでTシャツやバッグを販売しています

プロフィール

うらなか書房

うらなか書房

あやしい絵を描いて、それをTシャツグッズにしています。


ホラー映画カルト映画、その他少し物騒なもの奇妙なものを見たり読んだりすることが好きです。

ちょっと変人かもしれませんが、危ない感じではなくただのヘッポコなので、お気軽にSNSでのフォローコメントをお願いします!

詳細なプロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して「購読」ボタンをクリックすると、このブログの更新情報をメールで受信できます。

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

うらなか書房のおすすめ映画

うらなか書房のおすすめ映画
うらなか書房がおすすめのホラー映画カルト映画B級映画などをAmazonで紹介しています。


Twitter