うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「雑記」の人気記事TOP3

意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

time 公開日:

先日、「SNSにネガティブな実態も 半数以上が他人に嫉妬」という記事がちょっとした話題になっていた。
この手の記事はそんなに珍しいものではなく、割とちょくちょく目にする気がするが、今回改めてSNSで自慢をする人について考えてみたので、以下に書いてみようと思う。

スポンサーリンク

SNSで自慢をする人

SNSで自慢をする人の心の奥底には、「復讐心」が渦巻いているのではないかと私は思う。
昔自分を虐げたり傷つけたりした相手に、「自分は今こんなに幸せなのだ」と見せつけることによって、その相手を悔しがらせ見返してやりたいという気持ちがあるのではないだろうか。

何かの賞を受賞したり、何かしらの特技を見出されてマスコミにでも取り上げられれば、わざわざ「自分は今こんなに幸せなのだ」とアピールする必要はないのだが、そのように取り上げられるのはほんのひと握りの人物である。
その他の人間は自分で自分が幸せであるとアピールしない限り、見返したい相手にそれが届かない訳である。

で、その相手が「あいつは今幸せになったのだな」と知ったとして、「幸せになったんだね、おめでとう」と本人に伝えるかというと、恐らく伝えない。悔しければ悔しいほど伝えないのではないだろうか。
この場合、本人はとっくに目的を果たしているにもかかわらず、自分が幸せであることが相手にきちんと伝わったかどうか分からないので、延々と幸せアピールをし続けなければならない。そのために周囲の人々に鬱陶しがられようとも……。

ちなみに、「何かの賞を受賞したり、何かしらの特技を見出されてマスコミにでも取り上げられたり」という人物は、以前書いた記事「『本当の強者』は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ」でいう所の『本当の強者』だと思う。

人間の強者・弱者の図

彼らは賢いので、自慢をして大多数の弱者の反感を買うようなことはしないし、する必要もない。余裕があるからである。しかし裏を返せば、自分はもう絶対に安泰であるというおごりがあるともいえる。そしてもちろん、そのおごりを周囲に悟られるような振る舞いもしないだろう。

彼らに比べれば、SNSで自慢をするような人はかわいいものかもしれない。

「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ち

SNSで復讐心から幸せアピールをしている人に話を戻す。
もしかしたら見返したい相手が「幸せになったんだね、おめでとう」といってくる可能性もある。しかしそれは相手がさほど悔しがっていないからこそいえるのである。本人は一時的には溜飲が下がるかもしれない。しかしその内目的を果たしていないことになんとなく気が付くし、それに本当は相手を悔しがらせた所で虚しいだけだということも薄々分かっている。

それなのに何故幸せアピールなどということをしてしまうのかといえば、本人の心の奥底に、相手に虐げられたり傷つけられたりした時の自分が、子供なら子供のままの姿で、思春期なら思春期のままの姿で、成長できずに留まっているからではないだろうか。

復讐は何も生み出さない」というのは陳腐な言い回しであるが恐らく真実だ。相手に復讐するのではなく、本当はこの「昔の自分」を癒してあげるべきなのだ。そのためには、人に幸せを見せつけるのではなくて、また「人に幸せと思われるから幸せ」なのでもなくて、「自分は幸せなのだ」と心の底から感じること、それが癒しに繋がるのではないかと思う。

また、SNSで知人の自慢(や楽しそうな姿)を見て暗い気持ちになってしまう側の人も、やはり「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ちを持っていれば、誰かの自慢を目にしても、「この人も幸せなんだ、よかったね」くらいに思えるのではないだろうか。

しかしそれができたら苦労しない。ということは……

では「自分は幸せなのだ」と心の底から感じるにはどうすればいいのか。これは私もことあるごとに考えていて、幸せについての記事もいくつか書いているのだけど、

……心の底から「自分は幸せなのだ」と思うのはなかなか難しい。

私は以前、思考を目下一番の厄介ものと感じている女性が登場する「椿と目覚まし」という短編小説を書いたことがある。


椿と目覚まし 他12篇

Amazon

そして割と最近、「誰か『人類補完計画』を実行してくれないものだろうか」という記事を書いた。

また「どろどろの沼のような不安」という記事では、

園子温監督のある映画では、表面的には何不自由のない生活を送っているように見える女性がどんどん堕ちていって、最終的に寂れた漁村で売春婦になる。子供に放尿する所を見せたり客に殴られたりしながらもヘラヘラとしているその様子はまるで白痴のようであるが、何不自由のない生活を送っている頃よりもどことなく幸せそうに見える。

こんなようなことから、堕ちる所まで堕ちた方が、周りからはどう思われようとも、「不幸になるかもしれない」という不安から解放されて逆に幸せなのかもしれない

という文章を書いた。

日々の小さな幸せを見つけよう」というのも私の本心である。しかし油断するとつい、「意識や思考というものがある限り、人は心の底から幸せになることはできないのかもしれない」という考えが頭をもたげてくる。

人間は(狂わない限りは)意識や思考から逃れられない。
ということは、やはり生まれないのが一番幸せなのかも……?

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集

SNSから始まり、最終的に反出生主義が出てきて……とずいぶん話が飛躍しましたが、もう既に生まれてきてしまった私たちは、とりあえずだましだまし楽しく暮らしていきましょう(以前にも何度かこんなことを書いている気がしますが……)。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

猫には敵わない

猫には敵わない

飼い猫・絵金の子猫の頃から成猫になるまでの写真を載せています。また、絵金への愛も語っています。
Read More
奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

アートフリマで奇抜な格好をしていたら、目立ってもっとうらなか書房の知名度が上がっていただろうか…。しかしもしもそうなったとしても後悔した気がするので、やらなくてよかったのかも。根底には面倒くさいという気持ちがあったりもしたのだけど…というようなことを書いています。
Read More
ブログに雑記を書いている理由

ブログに雑記を書いている理由

ブログにコラムやエッセイのような雑記を書いても、アクセス数はあまり増えない…。しかし全く無意味ではないのではないか、ということを書いています。
Read More
人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

「人付き合い苦手なやつだけがわかる『あるある』50選」という記事を読んで感じたことを書いています。共感した部分についてや、ちょっと暗いですが家庭環境のことにまで思いを馳せてみました。
Read More
意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

SNSで自慢する人も、その自慢を見て暗い気持ちになってしまう人も、「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ちを持つことが大事なのでは…といいつつも、それができたら苦労しない、という話です。
Read More
人間を生み出すことへの恐れ~芳年『奥州安達が原ひとつ家の図』や自分の絵のことなど~

人間を生み出すことへの恐れ~芳年『奥州安達が原ひとつ家の図』や自分の絵のことなど~

自分が頽廃的な言葉や絵などに惹かれるのは、人間を生み出すことへの恐れが根底にあるからなのかもしれない、ということを書いています。また、逆さ吊りの妊婦が描かれている絵、芳年の『奥州安達が原ひとつ家の図』などを紹介しています。
Read More
どろどろの沼のような不安

どろどろの沼のような不安

幼少期に親に暗い話ばかりを聞かされたせいで、自分は常に不安を感じているのではないか……心の土台とでもいうべきものがないのでないか、ということを書いています。
Read More
障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

学生の時のモヤモヤした思い出から、「憎まれっ子世にはばかる」について考えてみました。
Read More
誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

「人類補完計画」とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するもので、全人類をひとつの生命体にするという計画。いがみ合ったり傷つけ合ったりする人々を見ていると、この架空の計画が素晴らしいものに思えてくるようになったという話です。
Read More
ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノは世間的にはよくないものとされていますが、生殖に繋がる可能性があるのでそこまで目くじらを立てなくてもよいのでは……? それよりももっと毒になる本や映画があるような(生きる意欲をそがれるような)……という話です。
Read More
言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

「もっと自分の主張を押し通した方がいいのだろうか」とモヤモヤしつつも、誰かと議論したり口論したりするのは面倒くさい…。それは「自分は人と少し違うから、他人に理解してもらえるはずがない」という気持ちが根底にあるからなのかも…? その他変わり者について少し触れています。
Read More
ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

あまり綺麗すぎても興をそがれる…かといって自主制作並みの画質だと入り込めない…ブライアン・ポーリン監督やオラフ・イッテンバッハ監督、トロマ社の映画などを観て、ホラー映画の画質や演技などについて(それと重ね合わせて自分の絵についても少し)考えてみました。
Read More
生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な言葉集

反出生主義や厭世的、虚無的な言葉を集めました(シオラン、芥川龍之介、稲垣足穂など)。映画『少年は残酷な弓を射る』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の紹介も少しですがしています。
Read More
「絶対的な幸せ」と「相対的な幸せ」~中崎タツヤさんの漫画を読んで

「絶対的な幸せ」と「相対的な幸せ」~中崎タツヤさんの漫画を読んで

中崎タツヤさんの漫画を読んで、他人と比べる「相対的な幸せ」と、自分が心の底から幸せだと感じられる「絶対的な幸せ」について考えを巡らせてみました。
Read More
『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで、カフカと、カフカの友人で流行作家であったというマックス・ブロートとの関係から、幸福について考えてみました。
Read More
「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違い、そして謙虚になるか卑屈になるかは「自己肯定感」が左右しているのでは……ということを自分なりに考えてみました。
Read More
浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

有名人が逮捕されたり、不祥事を起こして大変なバッシングを受けているのを見ると、彼らのように浮き沈みが激しい人生と、自分のように浮き沈みがあまりない人生、一体どちらが幸せなのだろう……などということをつい考えてしまう。
Read More
別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログで、人気者になるべくゆるキャラのようなものを描いていた話です。
Read More
「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

人間も動物と同じく弱肉強食であることには変わりないのに、優しさや思いやりが美徳とされているのはなぜだろうか―。人間の強者と弱者について考えてみました。
Read More