うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「雑記」の人気記事TOP3

ブログに雑記を書いている理由

time 更新日:  time 公開日:2017/02/11

このブログがブログらしいブログ(?)になったのは昨年のことです。
それまでもここでうらなか書房のウェブサイトを運営するにはしていたのですが、うらなか書房の作品をただ黙々と掲載していくというものでした。好きな本や映画については別のブログに書いていました。
その頃は、おこがましくも「作品だけで勝負したい」というような気持ちがあったのだと思います。

2000年代のうらなか書房は、アートフリマというものに出展することをメインに活動していました。5、6年の間、関東で行われるアートフリマに、多い時は月1~2回くらいのペースで出ていたでしょうか。そこでちょっとは名が売れるんじゃないかと考えていたのですが、うだつが上がることは全くなく……。

その後いろいろあって一時期うらなか書房の活動を休止していたのですが、その間にアートフリマで使っていた道具がカビたり錆びたりして使い物にならなくなったということがあって、その時自分の中で何かが終わりました。本当は、そのだいぶ前からアートフリマに出ていたってどうしようもないことは薄々気付いていました。時間的に活動できないことと重なって、そこでやる気の糸がプッツリと切れてしまったのでした。

それからまた少し時間に余裕ができてくると、やはりうらなか書房を続けたいという気持ちが湧いてきました。ただ上で述べたように、アートフリマに出展するという活動にはもう限界を感じていました。
そこで今まであまり活用していなかったネットをメインに活動してみようという気になりました。

うらなか書房の作品を載せているだけだと、うらなか書房を知っている人しかアクセスしてこないので、本や映画、珍スポットなどの記事を別ブログから移行してきたり、新しく書いたりしました。
それによりブログにアクセスしてくれる方は以前よりは少し増えました(単純にアクセスアップを狙うなら、iPhoneだとか流行のゲームだとかの記事を書いた方がいいのかもしれませんが、その方面に全く詳しくないですし、あまりにもうらなか書房のカラーとかけ離れている記事はちょっと……ということで、自分が興味があることや実際に体験したことについての記事を書くようにしています)。

で、サイドバー(スマホの場合は記事のもっと下の方)に「人気記事」が出ているのですが、これを見ると映画、本、漫画、それとWeb関連の記事が多く、雑記が入ってくることはほぼありません。

雑記というのは自分の考えなどを書いている文章で、コラムとかエッセイとかいった方が分かりやすいのかもしれませんが、横文字だとなんだか大層な感じになってしまい気恥ずかしいのでこのブログでは「雑記」カテゴリーとしています。
昨年のリニューアル以降、本や映画を紹介する合間に雑記もちょこちょこ書くことにしたのですが、雑記は本や映画と違い検索に引っかかりにくいですし、自分が日々考えていることを書くので底の浅さが露呈するというデメリットがあります。

以前の私だったら、これってアンマリ意味がなさそうだな……と、雑記を書くのをとっくにやめていたかもしれません。しかし、「人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)」という記事で書いたのですが、私は人に自分のことを話すのがあまり得意ではないのです。という訳で、ブログに書いておけば、いざという時に自己紹介代わりになるかもしれない、と思ったのが書く理由のひとつです。

それと、絵やブログの見た目、好きな本や映画のラインナップから、自分がどういう人間かということが見た人になんとなく伝わるだろうと思っていたのですが、どうやらそうでもないようなので、自分が考えていることを文章にすることによって、親近感を持ってもらえるようになるのではないか……と思ったのもあります(しかし暗い話になりがちなので逆効果だったりして……)。

また雑記を書いている内に、岡本太郎の本の言葉を思い出しました。

激しく挑みつづけても、世の中は変わらない。
しかし世の中は変わらなくても自分自身は変わる。
岡本太郎『自分の中に毒を持て』

絵を描いてもブログに思いを綴っても、よほどの有名人でない限り世の中に影響を与えることはほぼないでしょう。
しかし描いたり書いたりすることによって、自分がどういう人間なのかを新たに発見することがありました。
自分が変わる」、これだけでも立派に描いたり書いたりする理由になるのではないかと、今では思えます。

「自分が変わる」ことに意味があるのか……といわれたらないのかもしれませんが、何かにつけて意味があるのかないのかを突き詰めていくと、

自分の一生がなんの実も結ばなかったと嘆く者がいたら、生それ自体が、もっと悪いとはいわぬまでも、似たような事情にあることを思い出させてやるに限る。
E.M.シオラン『生誕の災厄』

シオランもいうように、結局人生自体が無意味っちゃ無意味ですから……。

また、室生犀星の小説に、

生きるのに何を皆さんに遠慮する必要があるもんか。
室生犀星『蜜のあわれ』

という文章があります。

私は今まで世間というものに遠慮しすぎていたのかもしれません。
絵を描いていれば、それを見た人が自分の内面をおのずと察してくれるだろうと思っていたのですが、もっと直接的に形にしないと、自分の考えというものはなかなか外界には伝わらないようです。もう少しだけふてぶてしくなって、書きたいことがある内は書いてみようと思います。

そして記事を書くのがひと段落したら、絵の方に取りかかるつもりです(と、去年からそんなことをいっていますが、なかなかひと段落せず……)。

スポンサーリンク

……とかなんとかいいつつ、少しでも読んだ方のお役に立つ記事になれば……と、入れられそうな所にはつい本の引用をねじ込んでしまう私……。ビビリでイヤになっちゃいます……。

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

反出生主義とチャイルドフリー

反出生主義とチャイルドフリー

反出生主義とチャイルドフリーの違い、自分が子供が欲しくない理由、人間はゆるやかに滅亡していったほうがいいのでは…などということを書いています。
Read More
猫には敵わない

猫には敵わない

飼い猫・絵金の子猫の頃から成猫になるまでの写真を載せています。また、絵金への愛も語っています。
Read More
奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

奇抜な格好をしていたらもう少し知名度が上がっていたのだろうか

アートフリマで奇抜な格好をしていたら、目立ってもっとうらなか書房の知名度が上がっていただろうか…。しかしもしもそうなったとしても後悔した気がするので、やらなくてよかったのかも。根底には面倒くさいという気持ちがあったりもしたのだけど…というようなことを書いています。
Read More
ブログに雑記を書いている理由

ブログに雑記を書いている理由

ブログにコラムやエッセイのような雑記を書いても、アクセス数はあまり増えない…。しかし全く無意味ではないのではないか、ということを書いています。
Read More
人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

人付き合いが苦手な自分に罪悪感を持っていた(今でもまだ少し持っているかもしれない)

「人付き合い苦手なやつだけがわかる『あるある』50選」という記事を読んで感じたことを書いています。共感した部分についてや、ちょっと暗いですが家庭環境のことにまで思いを馳せてみました。
Read More
意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

意識や思考がある限り人は幸せになれないのかもしれない~SNSでの自慢や嫉妬について

SNSで自慢する人も、その自慢を見て暗い気持ちになってしまう人も、「自分は幸せなのだ」という確固たる気持ちを持つことが大事なのでは…といいつつも、それができたら苦労しない、という話です。
Read More
どろどろの沼のような不安

どろどろの沼のような不安

幼少期に親に暗い話ばかりを聞かされたせいで、自分は常に不安を感じているのではないか……心の土台とでもいうべきものがないのでないか、ということを書いています。
Read More
障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

障害者にはかわいいと言うが冴えない男子のことは平気で傷付ける人気者の女子がいた

学生の時のモヤモヤした思い出から、「憎まれっ子世にはばかる」について考えてみました。
Read More
誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

誰か「人類補完計画」を実行してくれないものだろうか

「人類補完計画」とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するもので、全人類をひとつの生命体にするという計画。いがみ合ったり傷つけ合ったりする人々を見ていると、この架空の計画が素晴らしいものに思えてくるようになったという話です。
Read More
ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノより有害なのではないかと思う本や映画のことなど

ポルノは世間的にはよくないものとされていますが、生殖に繋がる可能性があるのでそこまで目くじらを立てなくてもよいのでは……? それよりももっと毒になる本や映画があるような(生きる意欲をそがれるような)……という話です。
Read More
言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

言おうか言うまいか迷って結局言わずに済ませる心理や変わり者について

「もっと自分の主張を押し通した方がいいのだろうか」とモヤモヤしつつも、誰かと議論したり口論したりするのは面倒くさい…。それは「自分は人と少し違うから、他人に理解してもらえるはずがない」という気持ちが根底にあるからなのかも…? その他変わり者について少し触れています。
Read More
「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違いを考えてみた~それと自己肯定感についての取り留めのない話

「謙虚」と「卑屈」の違い、そして謙虚になるか卑屈になるかは「自己肯定感」が左右しているのでは……ということを自分なりに考えてみました。
Read More
浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

有名人が逮捕されたり、不祥事を起こして大変なバッシングを受けているのを見ると、彼らのように浮き沈みが激しい人生と、自分のように浮き沈みがあまりない人生、一体どちらが幸せなのだろう……などということをつい考えてしまう。
Read More
別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログでゆるキャラっぽいものを描いていた話

別ブログで、人気者になるべくゆるキャラのようなものを描いていた話です。
Read More
「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

「本当の強者」は猛禽類の冷酷さと寄生虫のしたたかさを併せ持つ

人間も動物と同じく弱肉強食であることには変わりないのに、優しさや思いやりが美徳とされているのはなぜだろうか―。人間の強者と弱者について考えてみました。
Read More