うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「映画の紹介」の人気記事TOP3

【邦画中心】おすすめのカルト映画 厳選9作【狂い咲きサンダーロード、太陽を盗んだ男、鉄男など】

time 更新日:  time 公開日:2016/02/23

カルト映画とは

狂い咲きサンダーロード
出典:Amazon

熱狂的なファンがいる隠れた傑作(または問題作)という意味合いの映画です。
この記事では80年代邦画を中心に、厳選した8作のカルト映画をご紹介します。



狂い咲きサンダーロード

はみ出し者連中からもはみ出してしまう究極のアウトロー・仁! 刹那的な生き様にシビれる!

街中の暴走族が一堂に会し、「愛される暴走族」になるべく話し合いをしている所に、「魔墓狼死(まぼろし)」の特攻隊長・仁が現れた。荒くれ者の仁は権力におもねる暴走族も、OBが所属するスーパー右翼も気に食わず、次第に街で孤立していき……。


服装や音楽がちょっと時代を感じさせますが、「サンダーロード」という架空の街が舞台なので、異世界と思って観れば違和感もなくなるかも……?(途中から本当にアナーキーな雰囲気になっていきます)

主人公仁は無茶苦茶な荒くれ者で、絶対に友達にはしたくないタイプの人間ですが、物語のキャラクターとしてはとても魅力的です。
仁を演じた山田辰夫さんがものすごくハマッています。ちょっと高めのハスキーボイスが仁のヤンチャなキャラにピッタリです。

Amazon 楽天ブックス

追悼のざわめき

画像や予告編にだまされてはいけません! この映画は猛毒です!

追悼のざわめき
出典:映画.com

連続殺人鬼である青年とマネキン、浮浪者と切り株、小人の兄妹、美しい兄妹……4組のカップルが織り成す醜くも美しい物語。


画像や予告編はなんだか叙情的な雰囲気を醸し出していますが、実はトラウマ注意の問題作です。
美しい場面もあるのですが、汚らしい場面との落差が激しすぎるのですよね……。
しかしただ綺麗なだけだったら、ここまで伝説的な映画にはならなかっただろうと思います。

公式サイトがありますが、「ABOUT」にはネタバレが多いので、「BOOKLET」(公開当時のパンフレット)をチラッと見てみると雰囲気が分かるかもしれません。


追悼のざわめき

Amazon

仁義の墓場

正に狂犬! モデルは実在した伝説のヤクザ・石川力夫

仁義の墓場
出典:Amazon

「大笑い、三十年の馬鹿騒ぎ」! 親分に刃向かい、親友をも平気で裏切る! ペイ(ヘロイン)漬けになった一匹狼のヤクザが行き着く先とは……。


う~ん、無茶苦茶! 同じ無茶苦茶でも、『狂い咲きサンダーロード』の仁の無茶苦茶ぶりとはちょっと種類が違います。
仁にはまだどこか純粋で憎めない所がありますが、石川力夫はクズすぎてドン引きします……。予告編に「破天荒な疫病神」という文句が出てきますが言い得て妙です。しかしそれ故かものすごく迫力があります。

骨のシーン淫売宿のシーンは圧巻。
タチの悪い白昼夢を見せられているような気分になること請け合いです。

Amazon 楽天ブックス

(秘)色情めす市場

やさぐれすぎィ! 釜ヶ崎でたくましく生きる女性を描く

マル秘色情めす市場
出典:teruterufox.up.n.seesaa.net

大阪のドヤ街で体を売って生計を立てているトメ。同じく売春婦である母、知的障害を持つ弟と共に暮らしている。殺人事件の指名手配写真にそっくりな男、訳ありカップルなどとの交流を経た後に、トメが思うこととは……。


題名でちょっと「ウッ」となってしまうのが本当に惜しい名作です(会社が宣伝のためにこの題名にしたそうで、監督自身は「受胎告知」という題名を考えていたそうです)。

当時実際の釜ヶ崎でゲリラ撮影をしたり(70年代半ば。かなりの危険地帯だったらしいです)、ほとんどが白黒画面で一部場面のみカラー、という実験的な試みも面白いですが、やはり何と言っても主演女優の芹明香さん、この方がいなかったらこの映画は成立しません。
あんなに気だるげでカッコイイ女優さんは他にいません。

ちなみに、『仁義の墓場』はこの映画にものすごく影響を受けているそうで、淫売宿のシーンはこの映画へのオマージュらしいです(芹明香さんも出演しています)。

1分19秒~23秒あたりで、芹明香さんの名台詞
うちな、なんや逆らいたいんや
を聞くことが出来ます。

Amazon 楽天ブックス

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

日本のキング・オブ・カルト、石井輝男監督のカルト映画代表作!

恐怖奇形人間
出典:フォト蔵

人見広介は、自分と瓜二つであった菰田源三郎が亡くなったことを知る。人見は今後菰田源三郎として生きることを決心して……。


江戸川乱歩全集』とタイトルで謳っているものの、主にベースになっているのは乱歩の小説「孤島の鬼R」と「パノラマ島奇談R」です。
あとはちょこちょこ要素が入るくらいで、全集というのはちょっと大げさ……?

しかし、DVD画面のメニューでウネウネと不気味に踊る暗黒舞踏家・土方巽さんと、衝(笑?)撃のラストシーンだけでも見る価値は充分にあるかと思います。

Amazon

女囚701号 さそり

斬新な撮影方法! そしてなんといっても梶芽衣子さんの目力がスゴい!

悪徳刑事・杉見に利用され、挙げ句の果てに捨てられた松島ナミ。ナミは杉見への殺人未遂により女子刑務所に収監される。
女子刑務所で看守や女囚から目をつけられ攻撃される過酷な日々を送りながらも、ナミは杉見への復讐を虎視眈々と狙っていた――。


復讐に燃える梶芽衣子さんがコワ美しい……!
また、床が赤く光ったり、場面転換で背景セットがくるりと回転したり、ある登場人物が突然鬼婆に豹変したりと、撮影方法がかなり実験的で観ていて飽きないです。
女囚や看守も濃いめのキャラが多くてマンガチックです(原作が漫画なので当然といえば当然ですが……)。

Amazon 楽天ブックス

太陽を盗んだ男

サスペンス? 幻想? アクション……? ひと口では語れない、これぞまさしくカルト映画!

太陽を盗んだ男
出典:CINEMA TOPICS ONLINE

中学教師が原爆を手作りしちゃっててんやわんや
そこに強敵・菅原文太さん扮する刑事が現れて……。


ジュリー(沢田研二さん)演じる城戸誠の物憂げな表情がたまりません。
何か虚しさのようなものを抱えて生きてきたんでしょうか。

刑事の不死身っぷりと、皆割と原爆を手荒に扱っている所に、ハラハラさせられながらもちょっと笑ってしまいます。

サスペンス要素もあり、幻想的なシーンもあり、アクションもあり、笑いもある……ひとつのジャンルでは収まりきらないスケールの大きい映画です。

Amazon 楽天ブックス

鉄男

これぞサイバーパンク! とにかくカッコイイ映像に注目!

ある朝男が目覚めると、自らの頬に金属のトゲのようなニキビができているのを発見して……。


これは小説では表現できないでしょうし、漫画でも趣きが全く違ってしまいそうです。正に映画ならではの映像体験!
ストーリー? 気にしない気にしない!
ちょっと長めのミュージックビデオのような感覚で視聴することをオススメします。

Amazon 楽天ブックス

ビデオドローム

物との生々しい合体! 気色悪いがなんだかクセになる!

ビデオドローム
出典:予告編

過激な番組を売りにしているケーブルTV局。その局の社長であるマックスは、社員が偶然見つけたというスナッフビデオ「ビデオドローム」に興味を惹かれ……。


クローネンバーグ監督の撮る映像はなんだか気色が悪いです。
鉄男』でも物との合体があるんですが、どちらかというと生物が物に侵食されるというイメージがあります。
しかしクローネンバーグ監督の場合、なんだかナマモノ感が強いので、よりグロテスクな気がします。

裸のランチa』や『イグジステンズa』もキモチワルイですが、不思議映像満載の『ビデオドローム』がやはりオススメです。

Amazon 楽天ブックス

後書き

洋画が1作であることについて

邦画8作、洋画1作のおすすめとなりました。

洋画は洋画でまた別にまとめた方がいいかな……? という気もしたのですが、『ビデオドローム』以外にものすごくハマッた! というカルト映画が洋画だとアンマリないのですよね。

Amazon

や、

Amazon

なども好きっちゃ好きなのですが……。

いつか洋画カルト映画まとめを作ったら、『ビデオドローム』はそこに移動させるかもしれませんが、今の所ここに載せておこうと思います。

「カルト映画」について

これは人により感じ方が違うかもしれないので難しい所です。

広義では「熱狂的なファンがいる映画」ということで、大作も含むようなのですが、狭義では「熱狂的なファンがいる隠れた傑作(または問題作)」という感じになるようです。

なので、

Amazon 楽天ブックス

や、

Amazon 楽天ブックス

なんかは、前者と後者でカルト映画かそうでないか意見が真っ二つに分かれそうです。

それと、クソ映画がカルト映画と言われることもあるので、カルト映画を観る際には、その映画が傑作(または問題作)なのか、それともクソ映画なのか、鑑賞前に調べておいた方がいいかもしれません。

邦画クソカルト映画の例

Amazon

Amazon 楽天ブックス

Amazon 楽天ブックス

Amazon 楽天ブックス

Amazon

洋画クソカルト映画の例

Amazon


PLAN 9 FROM OUTER SPACE

Amazon

Amazon

Amazon

しかしこれらはこれらで突っ込み所が満載なので、そういった意味では楽しめないこともない……かもしれません。

詳しくは下記の記事をご覧ください

【クソ映画】ひどすぎて逆に人気!? のカルト映画9作【デビルマン、死霊の盆踊り、シベリア超特急等】

60年代~80年代カルト邦画について

それにしても日本の60年代~80年代カルト映画は層が厚いです!

おすすめした映画以外にも、

Amazon 楽天ブックス


鈴木清順監督 浪漫三部作

Amazon 楽天ブックス

Amazon 楽天ブックス

Amazon 楽天ブックス

などがあります。

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

  

同じカテゴリーの記事

戦闘シーンがほとんどないのに恐怖を感じる戦争映画【野火、ディア・ハンター、ジョニーは戦場へ行った、風が吹くとき等】

戦闘シーンがほとんどないのに恐怖を感じる戦争映画【野火、ディア・ハンター、ジョニーは戦場へ行った、風が吹くとき等】

『野火』『ジョニーは戦場に行った』『風が吹くとき』『ディア・ハンター』『ゆきゆきて、神軍』『鬼が来た』『縞模様のパジャマの少年』を紹介しています。どれも怖いのですが、ホラー映画とはひと味違う、人間の恐ろしさや愚かしさをつくづく感じさせる後味の悪い戦争映画です。
Read More
『ホドロフスキーのDUNE』~芸術か技術か、もしくは魂かお金か

『ホドロフスキーのDUNE』~芸術か技術か、もしくは魂かお金か

ドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』のアレハンドロ・ホドロフスキー監督の人生や芸術についての熱い名言を紹介しつつ、芸術か技術か、もしくはお金か魂か……などといったことについて考えを巡らせてみました。
Read More
スプラッター! だけど精神的にも怖いフランスのホラー映画【マーターズ、屋敷女、ハイテンションなど】

スプラッター! だけど精神的にも怖いフランスのホラー映画【マーターズ、屋敷女、ハイテンションなど】

マーターズ、屋敷女、ハイテンション、フロンティア……2000年代のフレンチホラーはスプラッター! グロ! ゴア! エグい! じめじめした笑えない怖さがあるものばかり。でも映像や音楽がどことなくオシャレ。おすすめの4作品+アルファのまとめです。
Read More
【スプラッターの始祖】ハーシェル・ゴードン・ルイス監督の映画 6作品【『2000人の狂人』等】

【スプラッターの始祖】ハーシェル・ゴードン・ルイス監督の映画 6作品【『2000人の狂人』等】

スプラッタームービーの始祖、ハーシェル・ゴードン・ルイス監督の映画6作品(『2000人の狂人』『血の祝祭日』『カラー・ミー・ブラッド・レッド』『血の魔術師』『ゴア・ゴア・ガールズ』『ブラッド・フィースト2』)を紹介しています。ドキュメンタリー映画『ゴッドファーザー・オブ・ゴア』についても少し触れています。
Read More
【洋画】偏ったおすすめ映画152作【ホラー、サスペンス、カルト、グロ、鬱、スプラッター、B級、バイオレンス等】

【洋画】偏ったおすすめ映画152作【ホラー、サスペンス、カルト、グロ、鬱、スプラッター、B級、バイオレンス等】

ホラー、サスペンス、カルト、グロ、鬱、スプラッター、B級、バイオレンスなど、ちょっと偏ったおすすめ映画を載せています。
Read More
映画『シン・ゴジラ』感想(ネタバレあり)

映画『シン・ゴジラ』感想(ネタバレあり)

映画『シン・ゴジラ』を鑑賞して、ゴジラやキャスト、ドラマパート、ヤシオリ作戦などについての感想を書いています。これを機に観た初代『ゴジラ』についても少し触れています。
Read More
ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

ホラー映画の画質や演技などについて思うこと、その他岡本太郎の言葉など

あまり綺麗すぎても興をそがれる…かといって自主制作並みの画質だと入り込めない…ブライアン・ポーリン監督やオラフ・イッテンバッハ監督、トロマ社の映画などを観て、ホラー映画の画質や演技などについて(それと重ね合わせて自分の絵についても少し)考えてみました。
Read More
【八つ墓村など】津山事件(三十人殺し)を題材にした映画、漫画、本、絵

【八つ墓村など】津山事件(三十人殺し)を題材にした映画、漫画、本、絵

1人の青年が数時間の内に30人もの人間を惨殺したという「津山事件(津山三十人殺し)」を題材にした映画(八つ墓村、丑三つの村)、本(津山三十人殺し 日本犯罪史上空前の惨劇、最後の真相、闇に駆ける猟銃、犯罪の通路)、漫画(山岸凉子著)、絵(花輪和一画)を紹介しています。
Read More
【クソ映画】ひどすぎて逆に人気!? のカルト映画9作【デビルマン、死霊の盆踊り、シベリア超特急等】

【クソ映画】ひどすぎて逆に人気!? のカルト映画9作【デビルマン、死霊の盆踊り、シベリア超特急等】

実写版デビルマン、死霊の盆踊り、シベリア超特急、北京原人、幻の湖、魔の巣、だいじょうぶマイフレンド、アタックオブザキラートマト等…あまりにひどすぎて笑ってしまうZ級邦画、洋画まとめです(演技が大根、ストーリーが支離滅裂、小道具やCGがショボイなど)。
Read More
女性が襲われて本人や家族が復讐する映画9作【鮮血の美学、発情アニマルなど】

女性が襲われて本人や家族が復讐する映画9作【鮮血の美学、発情アニマルなど】

発情アニマル(リメイクのアイ・スピット・オン・ユア・グレイヴも)、鮮血の美学(原題ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト)、リップスティック、ウィークエンド、ヒッチハイク、サベージ・キラー、暴行列車、白昼の暴行魔、ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ〜血まみれの天使〜などの紹介をしています。
Read More
「東海道四谷怪談」を題材にした映画6本+OVA、漫画、浮世絵、本

「東海道四谷怪談」を題材にした映画6本+OVA、漫画、浮世絵、本

鶴屋南北作「東海道四谷怪談」を題材にした映画6本(中川信夫監督など)とOVA(日野日出志作画)、漫画(上村一夫など)、浮世絵(北斎、国芳)、本を紹介しています。
Read More
走らないゾンビ映画 おすすめ10選【80年代中心】死霊のはらわた、ブレインデッド等

走らないゾンビ映画 おすすめ10選【80年代中心】死霊のはらわた、ブレインデッド等

走らないゾンビ映画のおすすめ作『死霊のはらわた』『ブレインデッド』、ロメロ監督の『ゾンビ』『死霊のえじき』、フルチ監督の『サンゲリア』『ビヨンド』『地獄の門』、その他『ゾンゲリア』『死霊のしたたり』『デモンズ’95』『ゾンビ大陸アフリカン』などのレビューです。
Read More
ちょいグロ好きが観てえぐいと感じたグロ映画【邦画編】~『鬼畜大宴会』『グロテスク』など

ちょいグロ好きが観てえぐいと感じたグロ映画【邦画編】~『鬼畜大宴会』『グロテスク』など

『鬼畜大宴会』『グロテスク』『追悼のざわめき』『オルガン』『地獄』『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』、その他「ギニーピッグ」シリーズや、三池崇史監督の映画、園子温監督の映画の内の数本を紹介しています。
Read More
【邦画中心】おすすめのカルト映画 厳選9作【狂い咲きサンダーロード、太陽を盗んだ男、鉄男など】

【邦画中心】おすすめのカルト映画 厳選9作【狂い咲きサンダーロード、太陽を盗んだ男、鉄男など】

カルト映画『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』『太陽を盗んだ男』『仁義の墓場』『鉄男』『狂い咲きサンダーロード』『女囚701号 さそり』『追悼のざわめき』『ビデオドローム』『マル秘色情めす市場』を紹介しています。
Read More
おすすめのホラー映画 厳選7作【ヘル・レイザー、マーターズ、悪魔のいけにえ等60~00年代洋画】

おすすめのホラー映画 厳選7作【ヘル・レイザー、マーターズ、悪魔のいけにえ等60~00年代洋画】

2000人の狂人、マーターズ、ヘル・レイザー、悪魔のいけにえ、サスペリア、マニアック、ビヨンド・ザ・リミットを紹介しています(全て洋画)。
Read More