うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他少し物騒なものや奇妙なものの紹介をしています(たまにお役立ち情報や雑記も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「鑑賞記録」の人気記事TOP3

ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

time 更新日:  time 公開日:2016/05/31

皆様は「舞踏」というとどのようなイメージをお持ちでしょうか。

仮面舞踏会のようなちょっと気取った舞踏……?
それとも全身白塗りの気色悪い暗黒舞踏……?

今回ご紹介させて頂くギリヤーク尼ヶ崎さんは、上のどちらとも違う独特の舞を披露されている舞踏家です。
ギリヤーク尼ヶ崎さんの踊りを見ると、「舞踏」の概念を根底から覆されるかもしれません。

sponsored link

ギリヤーク尼ヶ崎とは

ギリヤーク尼ヶ崎.com

1930年生まれ。津軽三味線のテープなどをBGMに、独特の踊りを披露する舞踏家。

38歳の時に銀座で初の路上パフォーマンスを行う。
その特異な踊りが大島渚や寺山修司などの著名人に認められる。
70年代半ばからはフランス、アメリカ、韓国などの海外でも公演を行うように。
ポリシーから公演は路上で行い、また、その投げ銭によって生計を立てている。

2009年 新宿での公演

ギリヤーク尼ヶ崎

2009年10月12日(月・祝)、新宿三井ビル55広場にて、ギリヤーク尼ヶ崎さんの踊りを観てきました。
それまでもお名前はいろいろな所で見たり聞いたりしていたのですが、ようやく実際にお姿を拝見することが出来ました。

ギリヤーク尼ヶ崎めくり

踊りは張りつめているのですが、「めくり」を観客に見せながら演目を声高に叫んだり、観客によだれかけ(?)の紐を結んでもらったり、お客さんと一緒になって踊ったり客席に紛れてみたりと、時折ふっと会場がコミカルな雰囲気に包まれることがありました。

黒田オサムさんが登場

ギリヤーク尼ヶ崎さんと黒田オサムさん

飛び入り参加のお客さんの中に、一時期横浜でよくお見かけした黒田オサムさん(この方も舞踏家)がいらっしゃってビックリ!
後で聞いた話によると、飛び入りと見せかけて、実は黒田さんの登場については毎年恒例になっているようです。お二人が一緒に踊っている所をもっと見たかったです。

命がけのパフォーマンス

またまたビックリしたのが最後、ギリヤーク尼ヶ崎さんが階段を駆け上がり、ちょっと遠目から見ていたお客さんに接近してサービス!
その後逆側の階段から会場に戻りつつ、いつの間にやら準備してあったバケツを引っ掴んで、脳天から水をひっかぶる! びしょ濡れでのたうち回るギリヤーク尼ヶ崎! 悲鳴と拍手に包まれる会場……!

スゴイ……! と目を瞠りつつ、心臓が悪いというお話だったので、ちょっと怖くなってしまいました。
パフォーマンスとは、ここまで命がけでやらねばならないものなのかと……。
ギリヤーク尼ヶ崎さんは、きっと人を楽しませることが本当に好きなのでしょう……でなければこんなにも体を張ることは出来ないと思います。

のぼりとポストカード

ギリヤーク尼ヶ崎のぼり
のぼりも素敵でした。俳優の近藤正臣さんからのプレゼントだそうです。

ギリヤーク尼ヶ崎ポストカード
ポストカードを販売していたので購入……海に向かってお手製の三味線(?)をかき鳴らしている写真が特に素敵です。

それにしても想像以上の人出でした。そして、こんな日に限ってデジカメを忘れた私(写真がひどくてスイマセン)……。
そういえば、すぐ傍でものすごく性能が良さそうなカメラで撮影しているオジサンがいらっしゃったのですが、「今正に、オジサンがふんどし姿のオジサンを激写しているのだなァ」……と思うとちょっと面白かったです。


ギリヤーク尼ヶ崎さんはこの時79歳(大道芸を始めてから41周年)!
しかしあの元気に走り回るお姿を見たら、50周年も夢ではなさそうに思えます。
皆様もよかったら一度生でギリヤーク尼ヶ崎さんの舞踏をご覧になってみてはいかがでしょうか(新宿だけでなく、大阪や埼玉などでも公演を行っているようです。最新情報はFacebookページをご覧ください)。

こちらの動画で、この2009年新宿公演の模様を少し見ることが出来ます(赤フン一丁で踊る「念力」と、代表的な演目「念仏じょんがら」)。
そして動画の終わり頃で、ギリヤーク尼ヶ崎さんが「正式に警察に捕まったのは87回」というエピソードなどを語っています。

動画が4分割になっています。全て見たい方はこちらからどうぞ。

2011年 東日本大震災追悼「祈りの踊り」

2011年、東日本大震災の傷痕がまだ生々しく残る気仙沼……。
建物や船の残骸をバックに、ギリヤーク尼ヶ崎さんが「念仏じょんがら」を踊ります(20:45あたりから)。
これぞ正に魂の踊り……!
パフォーマンス後、「43年間で一番いい『念仏じょんがら』を踊れました」とご本人が仰っているのも納得です。

ギリヤーク尼ヶ崎さんの写真集

伝説の大道芸人 ギリヤーク尼ヶ崎への手紙

Amazon

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

【展覧会】アドルフ・ヴェルフリ「二萬五千頁の王国」【アウトサイダー・アート/アール・ブリュット】

【展覧会】アドルフ・ヴェルフリ「二萬五千頁の王国」【アウトサイダー・アート/アール・ブリュット】

アウトサイダーアート/アール・ブリュットの代表的な芸術家のうちのひとり、アドルフ・ヴェルフリの日本での初の大規模な個展「二萬五千頁の王国」を観た感想です。繰り返し表れる独特の装飾的な模様、ポップな色使い、所狭しと並べられる音符や文字が特徴的です。
Read More
首くくり栲象(たくぞう)さんの首吊り公演の感想【動画・画像あり】

首くくり栲象(たくぞう)さんの首吊り公演の感想【動画・画像あり】

首くくり栲象さんの庭劇場での首吊り公演のレポートです(2017年4月27日)。動画や画像もあります。
Read More
「もうどくてん2」感想~毒を持つ生き物たちの展覧会~

「もうどくてん2」感想~毒を持つ生き物たちの展覧会~

2017年3月16日(木)〜 2017年6月25日(日)に池袋サンシャイン水族館で開催されている「もうどくてん2」のレポートです。毒レベルごとに印象に残った生き物を紹介しています。画像多数あり。
Read More
サンシャイン水族館がお化け屋敷に!  「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

サンシャイン水族館がお化け屋敷に! 「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

夜の水族館がお化け屋敷に! 2016年10月に行われた池袋サンシャイン水族館の特別イベント「呪いの水櫛」の感想・レポートです(ネタバレあり)。
Read More
【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

「キモい展」で展示されていたヘビ、カエル、トカゲ、ヤモリ、ゴキブリ、クモ、ムカデ、ミルワーム、ハダカデバネズミなどの写真と動画を載せています。
Read More
ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

路上舞踏家・ギリヤーク尼ヶ崎さんについての記事です。2009年、新宿三井ビル55広場の公演を見た時の感想と動画(「念仏じょんがら」等)を載せています。
Read More
橘小夢(たちばなさゆめ)~怖いのに美しい絵を描いた幻の画家~

橘小夢(たちばなさゆめ)~怖いのに美しい絵を描いた幻の画家~

幻想怪奇、耽美、妖麗な絵を描いた幻の画家、橘小夢についての記事です。
Read More
ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

2012~2013年にギャラリー新宿座で行われた「新宿秘宝館」(鳥羽「SF未来館」を再現した展覧会)に関する記事です。写真や感想を載せています。
Read More
【観光】高知「絵金祭り」~血みどろ屏風絵が路上に飾られる珍しいお祭り

【観光】高知「絵金祭り」~血みどろ屏風絵が路上に飾られる珍しいお祭り

血みどろ屏風絵が飾られる「絵金祭り」と「須留田八幡宮神祭」、「絵金蔵」について書いています。その他高知について気になること……「ごめん・なはり線」や「いざなぎ流」についてちょこっと触れています。
Read More
大寅興行社の見世物小屋を鑑賞した思い出【新宿花園神社酉の市にて】

大寅興行社の見世物小屋を鑑賞した思い出【新宿花園神社酉の市にて】

2005年に大寅興行の社見世物小屋を鑑賞した時の感想や看板の写真など。見世物小屋が出てくる映画、本(江戸川乱歩)、漫画(丸尾末広)の紹介もしています。
Read More
「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

2011年に開催された「大唐十郎展 路地の展覧会」の鑑賞記録。2006年に行われた唐ゼミの公演「ユニコン物語~溶ける角篇」についても少し触れています。
Read More
大日本プロレスのデスマッチを観戦【イチオシのレスラーは葛西純選手】

大日本プロレスのデスマッチを観戦【イチオシのレスラーは葛西純選手】

様々な凶器を用いて血みどろのデスマッチを行う「大日本プロレス」の試合を観戦した感想と、おすすめのレスラー・葛西純選手について書いています。
Read More
六本木「金魚」のダンスショー

六本木「金魚」のダンスショー

六本木「金魚」のダンスショーの鑑賞記録です。
Read More