うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他風変わりなもの・場所などの紹介をしています(たまにお役立ち情報や暗い話も書きます)。

入院中に持っていってよかった、便利だと感じたもの

time 更新日:  time 公開日:2019/03/29

2019年3月6日~3月13日の丸1週間、乳がんの右胸全摘手術のために入院をしていました。
入院の際に必ず必要なものは、事前に病院から渡される「入院の手引き」のようなものに書いてあるはずですが、それ以外に、個人的に必ずしも必要ではないけれど持っていってよかったもの、便利だと感じたものがいくつかあったので、それらをここに備忘録的に書き留めておこうと思います。

ほとんどが100円ショップなどで入手できる安価なものです。
それと下の方に、持っていったものの案外使わなかったものもいくつか書いています。
今後入院を控えている方のご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

使い捨てパンツ

100円ショップ(ダ○ソー)で、トラベル用の使い捨てパンツを発見しました。5枚入りで100円。不織布でできています。

履く前は履き心地が悪くないかと不安だったのですが、実際履いてみた所普通のパンツとあまり変わらない履き心地でした。ガサガサ音がしたりということもありませんでした。
1日履いたら捨てて新しいものに履き替えるだけなので、洗濯したり汚れものを持って帰ったり……という手間や面倒が省けて、これは私的には大変重宝しました。


ペーパーショーツ (使い捨て 紙パンツ) フリーサイズ 50枚入 ホワイト

Amazon 楽天

たくさん入っていた方がいい場合はネットで購入してもいいかもしれません。

クロックス風サンダル

病院内を移動する時の履きもの。スリッパはダメで(転倒する可能性があるから)、スニーカーのようなものを用意してください……といわれていたのですが、スニーカーだと履いたり脱いだりに結構モタモタしそう……と思いまして、クロックス風サンダルを持っていきました。
これもダイ○ーで入手しました(ただし値段は100円ではなく、250円)。

やはり脱ぎ履きしやすく、またストラップをかかと側に持っていけば歩いている時にも脱げにくいので、入院生活に打ってつけの履きものでした。

レディースサイズでもサイズがちょっと大きめなのですが(24.5センチ)、分厚い靴下などを履くことを考えると小さいよりは大きい方がいいのかなと思います。といいつつ私は厚手の靴下を履いてもまだブカブカだったので、中敷き(これもダイ○ーで購入)を2枚入れて使用していました。

S字フック

これも100円ショップで購入。ちょっとした荷物やビニール袋をぶら下げておくのに便利でした。

ただ本当はベッド脇の手すりにかけるつもりで持っていったのですが、その手すりが案外太く、私が持っていったS字フックははまらず……。ベッドの横に置いてあるサイドボードに引っかけられる所があったのでそこに引っかけていました。
ベッドの手すりに引っかけたい場合は、曲がっている部分が広めのS字フックを持っていった方がいいかもしれません。

ふりかけなどご飯のお供

私の入院した病院は幸いにもご飯が美味しかったのですが、おかずがちょっと少なめの時がありました。
そんな時に活躍したのがふりかけです。
私はふりかけ1種類で特に困りませんでしたが、いろんな味が入ったミックスパックのようなものを持っていってもよさそうです。他にも味のりご飯ですよ的なものなどもいいかも。

インスタントのお茶、紙コップ、ストロー

私が入院した病院ではポットのお湯を無料でもらえたので、紙コップにお茶を入れてよく飲んでいました。
私ははじめ粉の紅茶しか持っていかなかったのですが、1種類だけだと飽きてきて、売店でティーバッグのお茶を買いました。飲みものに関してはふりかけと違い何種類か用意しておけばよかったと思いました。

術後に口をゆすぐ際に100円ショップのストローが必要だったのですが、その時以外にも、粉の紅茶を混ぜる時にマドラー代わりとしてストローを使っていました。ストローは200本入りだったのでめちゃくちゃ余るだろうな……と思ったのですが、マドラーとしてジャンジャン使えたのでよかったです(それでも相当余っていますが……)。

暖かい上着やズボン、靴下

3月の入院なので真冬ではなかったのですが、それでも肌寒い時があったので、レンタルパジャマの上からポンチョを羽織ったり、暖かいズボンを履いたりしていました。
靴下はもこもこの厚手靴下を履いていました。

夏は夏で逆に冷却グッズなどが必要になるんですかね。

小銭入れ

自販機で飲みものなどを買う用に財布とは別の小銭入れがあると便利です。財布は鍵がかかる引き出しに入れるので、いちいち鍵を開けたり閉めたりするとなると面倒かも。小銭入れなら出しっぱなしにしておいて万が一盗難にあったとしても被害が少ないですし(もちろんどこか分かりづらい場所に入れておくに越したことはないですが)。

スポンサーリンク

アイマスク、耳栓

消灯後、看護師さんが見回りなどに来ると、サイドボードの足元のライトが点いたり、懐中電灯の灯りが気になったり……で目が覚めてしまうことがあったので、アイマスクはあってもよさそうです。私は病院の売店で買ったので700円ちょっとの出費になりました。事前に100円ショップで買っておけば……と悔やまれます。

耳栓は家にあったので念のため持っていったのですが、これも持っていって正解でした。同室の方のいびきや、トイレに行く時の音で目が覚めてしまった時に使っていました(入院生活後半は就寝となったらすぐに耳栓を入れていました)。

イヤホン

スマホで動画を見たりゲームをしたりする時用に持っておいてもいいかもしれません。これも100円ショップのイヤホンで大丈夫でした。

ティッシュ(箱)

ティッシュは恐らく「必要なもの」として手引きなどに書いてあると思いますが、ポケットティッシュなどではなくで持っていった方がいいです。家にいるとなにげなく使うものですが、やはりないとなると相当困りそうです。

ビニール袋

使用した靴下やクロックスを入れたりなど。なんだかんだ使いそうなので何袋か持っておくとよろしいかと。

筆記用具

私が入院した病院では排尿、排便数を記録することになっていたのですが(正の字を書いていく)、その際ボールペンを渡されなかったので自分で用意したボールペンを使用していました(看護師さんにいえば貸してくれたとは思いますが)。

その他にも結構暇な時間が多かったので、入院生活の記録などを書き留めたりもしていました。

これは荷物になるので良し悪しですが……。上にも書きましたが、元気になってくると割と暇に感じられる時間があるので、本を2、3冊持っていってもいいかもしれません。

リップクリーム

病室が大変乾燥していたので、ちょくちょくリップクリームを塗っていました。なかったら恐らく唇がガサガサになっていたかと……。

逆に案外使わなかったもの

フェイスタオル

何かしら使うだろう……と、5枚入りの安いフェイスタオルを持っていったのですが、レンタルでフェイスタオルを借りていたこともあって持参したものは1枚も使わず……。結構かさばるものだったので、持っていかなくてもよかったかも……。

ジップロック

これも何かに使えそう……と何袋か持っていきましたが使いませんでした。ビニール袋があれば充分かも……?

ウェットティッシュ

病室に水道も石けんも手指消毒用のアルコールもあるし……ということで、出番がくることはついぞなく……。


病院の売店でも手に入りそうなものが多いですが、病人が外出できないのをいいことに(?)、ぼったくり価格になっている可能性があるので(アイマスク700円ちょっとは、買うかどうか小一時間……は大げさですが、相当長いこと逡巡しました)、事前に用意しておいた方がお財布に優しそうです。

皆様の入院生活が快適でありますように……!

スポンサーリンク