うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他風変わりなもの・場所などの紹介をしています(たまにお役立ち情報や暗い話も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「本」の人気記事TOP3

おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

time 更新日:  time 公開日:2016/04/19

スポンサーリンク

『へんないきもの』とは

Amazon 楽天ブックス

その名のとおり、変な生き物ばかりが載っている本です。

どんな風に変かというと、それはもう様々で、見た目がおかしいものから、行動や体の仕組みが謎……というものまで、奇妙な生き物たちが60種類ほど掲載されています。

ページを開くと、左側に説明文、右側には1ページをまるまる使って大きくてリアルなイラストが載っているので、その生き物がどんな形状なのかパッと見てすぐに分かりますし、パラパラッとめくるだけでも図鑑を眺めているような楽しさがあります。

また、好奇心を満たしてくれる面白さと、笑ってしまう面白さを兼ね備えているのがこの本のすごい所です。

例えば、「コウモリダコ」という生き物に関しては、

「地獄の吸血イカ」などというライダー怪人のような学名がつけられてしまった
へんないきもの

とか(ちなみに本でも「ライダー……」の箇所は太字で大きく書かれています)、

イソギンチャクを片時も手放さない「キンチャクガニ」という生き物に関しては、

キンチャクガニ同士が顔付き合わせて、ボンボンをリズムに合わせて左右に振っていることがある。先輩のチアリーダーが後輩に「クリスティ、そうじゃないわ、こうよ!」と指導しているのでは無論ない。
へんないきもの

といったような小ネタが挟まれているので、難しい専門書のような堅苦しい雰囲気は一切なく、読み物として気軽に楽しむことができます。

ちなみにこの本には続編もありまして、「またまたへんないきもの」という本になります(こちらにも60種類ほどの変な生き物が載っています)。

Amazon 楽天ブックス

では以下で、これらの本に載っているものの内で、私が特に興味を惹かれた生き物をいくつかご紹介してみます!

下に行くに連れて閲覧注意度(私の主観ですが……)が上がっていきますのでご注意ください。

コアリクイ

へんないきもの』に載っています。

これは文句なしにカワイイです。

敵に遭遇すると、威嚇のため仁王立ちになって両手を広げるポーズを取るそうなのですが……かわいすぎて、撮影者の方も笑ってしまっています。

フクラガエル

またまたへんないきもの』に載っています。

体長5センチほどのまん丸なカエルです。

本の一言コピーでは「常に不機嫌なまんじゅう」と紹介されています(言い得て妙……!)。

フクラガエルにも種類があるようで、上の動画のカエルは「アメフクラガエル」というそうです。

アメフクラガエルのダッシュ」! 走ると結構速いのですね~。
動画に餌のコオロギが映っていますので虫嫌いな方はご注意ください。

猫……というか、子供がよく履いている「音が鳴る靴」みたいにピーピー鳴いています。
こちらは「ナマカフクラガエル」というのだそうです。

クマムシ

へんないきもの』に載っています。

「乾眠」という一種の仮死状態になることにより、摂氏150度の高熱から絶対零度真空放射線にまで耐えることができるという驚きの体の持ち主です。

では不死身なのか……? というとそうでもないようで……。
というのはこのクマムシ、

体長が1ミリ位しかない微生物

なのです……!

様々な負荷に耐え抜く体を持ちながら、踏み潰されたら一巻の終わり……というなんとも儚い所と、拡大してみると怪獣のようにカッコイイ見た目がなんともたまりません。

ダイオウグソクムシ

またまたへんないきもの』に載っています。

ダイオウグソクムシは、陸上に生息するダンゴムシやワラジムシ、フナムシなどと同じ等脚目の生物
新江ノ島水族館

ということで、50センチ位あるでかいフナムシといった感じです。

少し前に、5年以上も何も食べないで生きている! と話題になった生き物なので、知っている方も多いかもしれません。

私はブームになる前からダイオウグソクムシが好きだったので、「応援していたインディーズバンドがメジャーデビューを果たした時って、こんな感じなのかな……」と、ちょっと複雑な気持ちになりました……。

どこが好きかと言われると、目つきが悪い所と、ワシャワシャした足、それとエイリアンぽい雰囲気……でしょうか。

竹島水族館という所では、ダイオウグソクムシの子供? に触ることが出来るようです。
小さい時から目つきが悪くてカワイイです!

コウガイビル

へんないきもの』に載っています。

表紙のタイトルに絡まっているのはコウガイビルと思われます。

道端などで、ものすごく長いミミズのようなものに遭遇したことはありませんでしょうか。
もしかしてそれ、ミミズじゃなくてコウガイビルかもしれません……!

コウガイビル、と言いつつ、ヒルではなくて、扁形動物というプラナリアなどの仲間になるそうです。

ということで、プラナリアのように、切断しても死なずに2匹になって生きていけるみたいです。

ものすごく長いのと、そうでもないものがいますが、そうでもないものは何かしらの理由で切断されたり、自ら分裂することもあるそうなので、そのせいなのかも……。

色も黒・茶色・中にはまっ黄色のものなどもいて、バリエーションに富んでいます。

ミミズのような見た目なのに、ミミズやナメクジを食べる(というか、溶かしながら取り込む感じ)ので、どちらかというと益虫といえるのかもしれません(でも好きにはなれませんが……)。

コウガイビルのお食事シーン……。
ものすごく気持ち悪いので閲覧注意です!

私が『へんないきもの』を知ったきっかけ

ちなみに、私が『へんないきもの』を知ったきっかけは、このコウガイビルにあります。

怪蟲現る | 裏うらなか雑記

以前別のブログに「お風呂場に怪蟲が出た!」という記事を書いた所、その記事のコメント欄でそれがコウガイビルであることと、『へんないきもの』のことを教えて頂いたのでした。

そしてその後、コウガイビルをテーマ(?)にした絵を描きました。

コウガイビルを描いた絵『蛭と乙女と林檎と窓と』

蛭と乙女と林檎と窓と

取扱店舗 取扱商品
Amazon メンズTシャツ(半袖)
Yahoo!ショッピング メンズTシャツ(半袖)
TSHIRTS TRINITY Tシャツ(半袖、長袖)、パーカー、トートバッグ等
Tシャツ(半袖、長袖)、トートバッグ
SUZURI Tシャツ、トレーナー、ステッカー、マグカップ、トートバッグ等
itaxes メンズTシャツ(半袖)
Zazzle Tシャツ、ポストカード、ステッカー、マグカップ等

価格・送料比較表

上記でこの絵柄のTシャツグッズを販売しています(さりげなく宣伝)。
コウガイビルが描いてあるTシャツやグッズは結構珍しいのではないかと思います。
ご近所さんや友達に白い目で見られたい方は是非お買い求めください!

コモリガエル

へんないきもの』に載っています。

上の動画は超・超・超閲覧注意の動画です!

コモリガエル……別名ピパピパ

背中で子育てをするという変わったカエルです。

背中に無数の卵が埋まっている状態も相当グロテスクなのですが、それから数ヵ月後、母親の背中には無数の穴が開いていて、その穴から子ガエル(オタマジャクシでなく小さいながらもれっきとしたカエル)が続々と飛び出していくのです……!

気持ち悪すぎて、動画を見ている間背中がゾワゾワして、鳥肌が立ちっぱなしでした……。

トライポフォビア(集合体恐怖症)……ぶつぶつのものが怖い人は特にキツイと思います。

ぶつぶつが怖い。穴が密集している状態を極端に恐れる「トライポフォビア」の正体とは?(英研究)※閲覧注意 : カラパイア

上記ページにもコモリガエルの出産動画がありました。
こっちの方がハッキリ映っていますね……スポーンと飛び出してきています。

またまたへんないきもの』に載っている「フクロアマガエル」もかなり気持ち悪いですが、やっぱりコモリガエルは最強に気持ち悪いと思います……(同じカエルでもフクラガエルはあんなにカワイイというのに……!)。

まとめ

最後はちょっと鳥肌ものの映像になってしまいましたが、『へんないきもの』には他にもまだまだたくさんの生き物が載っています。

寄生虫もちょっと載っているのですが、寄生虫については別に記事を書いたので、よかったら下記をご覧ください。

【おすすめ博物館】目黒寄生虫館【入館無料】

へんないきもの』『またまたへんないきもの』、上記のような変な生き物が満載の面白い本ですので、読んだことがない方は是非お読みになってみてください!

Amazon 楽天ブックス

Amazon 楽天ブックス

私は『へんないきもの』『またまたへんないきもの』を読んで、面白いのと同時に、自分のようにちょっと変な人間でも生きていていいのかな……という風に思えて、元気をもらえました。
生物多様性って素晴らしい!

追記

キモい展」というイベントで、『へんないきもの』に載っている「ハダカデバネズミ」を見ることができました!

ハダカデバネズミgif

とってもキモかわいかったです!

「キモい展」の記事はこちら

【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

しかしハダカデバネズミ以外はかなり気持ち悪いので閲覧注意です……!

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

ガンジーは反出生主義者だったのだろうか?

ガンジーは反出生主義者だったのだろうか?

『ブッダは、なぜ子を捨てたか』という本に書いてあったガンジーが息子にいったという反出生主義的な言葉、「子供を産むことは原罪的な呪いの行為であり慎むべきである」が印象に残ったので、それについて書いています。
Read More
ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラとそのおすすめ作品【芥川龍之介、太宰治、江戸川乱歩など】

ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラとそのおすすめ作品【芥川龍之介、太宰治、江戸川乱歩など】

ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラと、それぞれのおすすめ作品(小説、随筆、詩)を紹介しています。太宰治『善蔵を思う』、萩原朔太郎『僕の孤独癖について』、川端康成『屋上の金魚』(『掌の小説』所収)など。
Read More
【クズ…?】私が好きな太宰治のエピソード5つ【熱海事件、芥川賞事件など】

【クズ…?】私が好きな太宰治のエピソード5つ【熱海事件、芥川賞事件など】

私が好きな太宰治のエピソード「棟方志功に暴言を吐く」「檀一雄を借金のカタに熱海に置き去り」「大御所作家の志賀直哉に食ってかかる」「自分の悪口を耳にしておいおい泣く」「芥川賞への執着」、番外編「青鯖が空に浮かんだような顔をしやがって(by中原中也)」について書いています。
Read More
芥川龍之介、太宰治、坂口安吾はなぜ子供を作ったのか

芥川龍之介、太宰治、坂口安吾はなぜ子供を作ったのか

芥川龍之介、太宰治、坂口安吾の子供に関しての記述を読んで考えたことを書いています。
Read More
高野悦子「二十歳の原点」三部作~二十歳で自殺した女子大生の日記

高野悦子「二十歳の原点」三部作~二十歳で自殺した女子大生の日記

二十歳で自殺してしまった高野悦子さんの日記「二十歳の原点」三部作(主にその内の『二十歳の原点序章』)を紹介しています。生きることへの疑問や、「何かをしなくては」という焦りを抱えていたり、他人の目に自分がどう映るかということを気にしてしまったりする方は共感できる本かもしれません。
Read More
『偉人は死ぬのも楽じゃない』他、有名人の死に方についての本【人間臨終図鑑、知識人99人の死に方】

『偉人は死ぬのも楽じゃない』他、有名人の死に方についての本【人間臨終図鑑、知識人99人の死に方】

有名人の死に方が書かれている本『偉人は死ぬのも楽じゃない』『人間臨終図鑑』『知識人99人の死に方』を紹介しています。特に病気の症状や治療法が具体的に書いてあって描写がえげつない『偉人は死ぬのも楽じゃない』をおすすめしています。
Read More
江戸川乱歩と萩原朔太郎が一緒に回転木馬に乗ったという文献を探してみた

江戸川乱歩と萩原朔太郎が一緒に回転木馬に乗ったという文献を探してみた

江戸川乱歩と萩原朔太郎(両方オジサン)が、2人で回転木馬(メリーゴーランド)に乗った……ということがネットで話題になっていたので、文献を調べてみました。乱歩の同性愛への興味についても少し触れています。
Read More
人間嫌いだった作家・江戸川乱歩のネガティブな名言集

人間嫌いだった作家・江戸川乱歩のネガティブな名言集

江戸川乱歩のネガティブな名言を集めました。また休筆や、ネガティブと代表作の関係性などについても書いています。
Read More
生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な名言集

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な名言集

「出生しないということは、議論の余地なく、ありうべき最善の様式だ」(シオラン)――など、反出生主義や虚無的、厭世的な名言を集めました(芥川龍之介、稲垣足穂、ショーペンハウアーなど)。
Read More
夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

夢野久作のおすすめ小説『ドグラ・マグラ』『少女地獄』『瓶詰の地獄』『犬神博士』『氷の涯』『あやかしの鼓』『押絵の奇蹟』『死後の恋』その他短編小説7作、エッセイ3作を紹介しています。青空文庫へのリンクも貼っています。
Read More
『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで、カフカと、カフカの友人で流行作家であったというマックス・ブロートとの関係から、幸福について考えてみました。
Read More
おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

奇妙な見た目や生態の生物が盛りだくさんの本、『へんないきもの』と、続編『またまたへんないきもの』、そしてその本に載っている生き物6種類(コアリクイ、フクラガエル、コモリガエル、コウガイビル、ダイオウグソクムシ、クマムシ)をピックアップしてご紹介しています。ちょっと気持ち悪い動画もあります!
Read More
おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

どこからファンといえるのか考えつつ、ついでに好きな小説や随筆などの紹介をしています(夢野久作「ドグラ・マグラ」、江戸川乱歩、香山滋「海鰻荘奇談」、久生十蘭「湖畔」、川端康成「屋上の金魚」、芥川龍之介「侏儒の言葉」など)。
Read More