うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他風変わりなもの・場所などの紹介をしています(たまにお役立ち情報や暗い話も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「本」の人気記事TOP3

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

time 更新日:  time 公開日:2016/05/08

Amazon 楽天ブックス

誰よりも落ち込み、誰よりも弱音をはき、誰よりも前に進もうとしなかった人間の言葉。今までになかった“絶望の名言集”。
楽天ブックス

ということで、内容は全編にわたって暗いです。そしてウジウジしています。

中でも強烈だったのが、冒頭に出てきた

将来に向かって歩くことは、ぼくにはできません。
将来に向かってつまずくこと、これはできます。
いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。
カフカからフェリーツェへのラブレターより

というカフカの言葉です。
しかもこれがラブレターの一節だというのですからビックリです。

更に驚くべきことには、このラブレターの相手とカフカは婚約にまでこぎつけたということ……!
女性は母性本能をくすぐられたのでしょうかね……?

更に更に驚くべきことに、その女性とはその後婚約破棄して(2度も)、結局カフカは独身のまま40年という短い生涯を終えたということです。
カフカの方がマリッジブルーのような状態になってしまって、どうしても結婚に踏み切れなかったのだとか……。

女性はその後別の男性と結婚して幸せになったようですが、後年お金に困ってカフカからの手紙を売却したりしたそうなので、まァ……人生なんだかいろいろありますわなァ……。

スポンサーリンク

肺結核におかされてしまったカフカ

絶望名人カフカの人生論』は、ただ単にカフカの言葉が並んでいる訳ではなく、右ページにカフカの言葉(主に手紙や日記からの抜粋)、左ページに編訳者である頭木弘樹さんの解説が載っています。
その解説により、当時のカフカがどういった状況にあったのかが分かるようになっています。

健康のため食べ物に気をつかったり、新鮮な空気を取り入れるべく寒い時期でも窓を開けっ放しにして寝ていたというカフカ……食べ物はともかくとして、窓を開けっ放しにして寝るのはあまり身体によくないような……とにかくいろいろ神経質だったのでしょう、そしてそういうことがたたったのか、肺結核におかされてしまいます。

健康に気をつかっていたはずなのに、病気になったらなったで「仕事に行かなくて済む」(作家としては売れていなかったので別の仕事をしていた)と喜んでいたのだとか……。
こうなるとネガティブなんだかポジティブなんだかよく分かりません。

カフカの友人 マックス・ブロート

ウジウジしていたカフカにも、意外なことに親しい友人がいました。
マックス・ブロートという当時の流行作家です。
ブロートの口添えでカフカは生前に本を出版できたのですが、全然売れなかったそうです。
流行作家と売れない作家……書く作品の雰囲気も全くといっていいほど違ったようですが、共通点が少ないからこそお互いに惹かれる何かがあったのかもしれません。

カフカは亡くなる間際に、ブロートに「遺稿を燃やしてほしい」と頼んだそうです。
しかしブロートはカフカの死後、遺稿を燃やすことはせず、出版するために尽力したのだとか。
これを裏切り行為と考える人もいるようですが、実はカフカも心の底では出版してほしいと思っていたのではないでしょうか。
本当に燃やしてほしいなら、自分でコッソリ燃やせばいいだけの話ですから……。

そして、「カフカは燃やしてくれと言っていたのだが……」という注意書き付きで、カフカの遺稿は出版される運びになったのだとか。
当時は売れない作家であったカフカですから、出版してくれる所を探すのにブロートは大変苦労したようです。
亡くなった友人のためにここまでするブロート……いい人すぎます……!

どちらが幸福?

ブロートのおかげでカフカの遺稿が出版され、カフカの作品はこの世に残ることになり、その後カフカは「20世紀最大の作家」と称されるまでになりました。

一方、カフカのために尽力したブロートは、当時は流行作家であったものの、現在では「カフカの親友」だったということで名前が残っているに過ぎず、自身の作品は全くといっていいほど評価されていないようです。

  • 流行作家だったが後世に作品が残らなかったブロート

  • 生前は作家としてあまりいい思いをすることなく、人生を悲観して亡くなっていったカフカ

一体どちらが幸福だったのでしょうか。

Amazon 楽天ブックス

生前全くといっていいほど日の目を見ず、後に作品が評価されたという点で、ゴッホとカフカの生涯には通ずるものがある気がします。

以前だったら、迷わずカフカやゴッホのような人生に憧れたものですが、最近では、死後の名声より、仏教でいうところの現世利益を追求した方が楽しい人生を送れるのではないか……などと思うようになりました。

しかしよくよく考えると、大半の人が死後の名声も現世利益も得られないのだから、もっと別の幸福に目を向けるべきなのかもしれません。
よくいわれることですが、日々の小さな幸福……ご飯が美味しかっただとか、布団を干せただとか、そういったことを当たり前と思わず幸福と感じられるようになること……それこそが真の幸福というもの……なんでしょうかね……?

浮き沈みが激しかろうが激しくなかろうが基本的に人生はつらい

上記の記事でも書いたのですが、私はまだまだ悟りの境地にはほど遠いです……!

カフカの代表作『変身』

Amazon 楽天ブックス

絶望名人カフカの人生論』の編訳者の方と同じで、私も読書感想文を書く時に「(本の厚みが)薄くていい」という理由から『変身』を読みました。
しかしその薄さに反して内容はなかなかにヘビーなのですよ……。

ある男が目覚めると巨大な虫になっていた……という奇想天外な話です。
あらすじだけ見るとなんだかSFチックですが、これが不思議と人生の悲哀を感じさせる物語なのです。
絶望名人が書いた小説は、やはり絶望に満ちています……!

Amazon 楽天ブックス

上記で紹介したもの以外にも、暗い言葉がタンマリ載っています……!

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

ガンジーは反出生主義者だったのだろうか?

ガンジーは反出生主義者だったのだろうか?

『ブッダは、なぜ子を捨てたか』という本に書いてあったガンジーが息子にいったという反出生主義的な言葉、「子供を産むことは原罪的な呪いの行為であり慎むべきである」が印象に残ったので、それについて書いています。
Read More
ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラとそのおすすめ作品【芥川龍之介、太宰治、江戸川乱歩など】

ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラとそのおすすめ作品【芥川龍之介、太宰治、江戸川乱歩など】

ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラと、それぞれのおすすめ作品(小説、随筆、詩)を紹介しています。太宰治『善蔵を思う』、萩原朔太郎『僕の孤独癖について』、川端康成『屋上の金魚』(『掌の小説』所収)など。
Read More
【クズ…?】私が好きな太宰治のエピソード5つ【熱海事件、芥川賞事件など】

【クズ…?】私が好きな太宰治のエピソード5つ【熱海事件、芥川賞事件など】

私が好きな太宰治のエピソード「棟方志功に暴言を吐く」「檀一雄を借金のカタに熱海に置き去り」「大御所作家の志賀直哉に食ってかかる」「自分の悪口を耳にしておいおい泣く」「芥川賞への執着」、番外編「青鯖が空に浮かんだような顔をしやがって(by中原中也)」について書いています。
Read More
芥川龍之介、太宰治、坂口安吾はなぜ子供を作ったのか

芥川龍之介、太宰治、坂口安吾はなぜ子供を作ったのか

芥川龍之介、太宰治、坂口安吾の子供に関しての記述を読んで考えたことを書いています。
Read More
高野悦子「二十歳の原点」三部作~二十歳で自殺した女子大生の日記

高野悦子「二十歳の原点」三部作~二十歳で自殺した女子大生の日記

二十歳で自殺してしまった高野悦子さんの日記「二十歳の原点」三部作(主にその内の『二十歳の原点序章』)を紹介しています。生きることへの疑問や、「何かをしなくては」という焦りを抱えていたり、他人の目に自分がどう映るかということを気にしてしまったりする方は共感できる本かもしれません。
Read More
『偉人は死ぬのも楽じゃない』他、有名人の死に方についての本【人間臨終図鑑、知識人99人の死に方】

『偉人は死ぬのも楽じゃない』他、有名人の死に方についての本【人間臨終図鑑、知識人99人の死に方】

有名人の死に方が書かれている本『偉人は死ぬのも楽じゃない』『人間臨終図鑑』『知識人99人の死に方』を紹介しています。特に病気の症状や治療法が具体的に書いてあって描写がえげつない『偉人は死ぬのも楽じゃない』をおすすめしています。
Read More
江戸川乱歩と萩原朔太郎が一緒に回転木馬に乗ったという文献を探してみた

江戸川乱歩と萩原朔太郎が一緒に回転木馬に乗ったという文献を探してみた

江戸川乱歩と萩原朔太郎(両方オジサン)が、2人で回転木馬(メリーゴーランド)に乗った……ということがネットで話題になっていたので、文献を調べてみました。乱歩の同性愛への興味についても少し触れています。
Read More
人間嫌いだった作家・江戸川乱歩のネガティブな名言集

人間嫌いだった作家・江戸川乱歩のネガティブな名言集

江戸川乱歩のネガティブな名言を集めました。また休筆や、ネガティブと代表作の関係性などについても書いています。
Read More
生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な名言集

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な名言集

「出生しないということは、議論の余地なく、ありうべき最善の様式だ」(シオラン)――など、反出生主義や虚無的、厭世的な名言を集めました(芥川龍之介、稲垣足穂、ショーペンハウアーなど)。
Read More
夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

夢野久作のおすすめ小説『ドグラ・マグラ』『少女地獄』『瓶詰の地獄』『犬神博士』『氷の涯』『あやかしの鼓』『押絵の奇蹟』『死後の恋』その他短編小説7作、エッセイ3作を紹介しています。青空文庫へのリンクも貼っています。
Read More
『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで、カフカと、カフカの友人で流行作家であったというマックス・ブロートとの関係から、幸福について考えてみました。
Read More
おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

奇妙な見た目や生態の生物が盛りだくさんの本、『へんないきもの』と、続編『またまたへんないきもの』、そしてその本に載っている生き物6種類(コアリクイ、フクラガエル、コモリガエル、コウガイビル、ダイオウグソクムシ、クマムシ)をピックアップしてご紹介しています。ちょっと気持ち悪い動画もあります!
Read More
おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

どこからファンといえるのか考えつつ、ついでに好きな小説や随筆などの紹介をしています(夢野久作「ドグラ・マグラ」、江戸川乱歩、香山滋「海鰻荘奇談」、久生十蘭「湖畔」、川端康成「屋上の金魚」、芥川龍之介「侏儒の言葉」など)。
Read More