うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他風変わりなもの・場所などの紹介をしています(たまにお役立ち情報や暗い話も書きます)。

虚無的な名言集

time 更新日:  time 公開日:2019/09/04

以前、「生まれないのが一番幸せ~反出生主義的な名言集」という記事に虚無的な名言も一緒に載せていたのですが、量が増えてきたので別記事に分けることにしました。
以下、虚無的な名言集(順不同)をご覧ください。

スポンサーリンク

山田風太郎

いろいろあったが、死んでみりゃあ、なんてこった、はじめから居なかったのとおんなじじゃないか、みなの衆。
山田風太郎『人間臨終図鑑 中』


Amazon

ペイター

いずれも皆執行猶予中の死刑囚である
ペイター『ルネサンス』

僕らは皆ペエタアの言ったように確かに『いずれも皆執行猶予中の死刑囚である』
という風に、芥川龍之介『文芸的な、余りに文芸的なR』に引用されています。

寺山修司

昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかゝって
完全な死体となるのである
寺山修司『懐かしのわが家』

執行猶予中の死刑囚」と似たニュアンスがありますが、「死ぬことによって完全になる」といっている分、こちらの方が芸術的な感じがします(しかし虚無度としては「執行猶予中の死刑囚」の方が高いかもしれません)。


Amazon

坂口安吾

「あら、おかしいね。なんでもキリがないものよ。毎日毎日ごはんを食べて、キリがないじゃないか。毎日毎日ねむって、キリがないじゃないか」
坂口安吾『桜の森の満開の下』


Amazon
 
楽天ブックス

夏目漱石

今の世に合うように上等な両親が手ぎわよく生んでくれれば、それが幸福なのさ。
夏目漱石『吾輩は猫である』

優生思想を皮肉った虚無的な台詞に私には思えます。


Amazon
 
楽天ブックス

深尾須磨子

私は……しずかに瞑想をこらした。やがてはあきらめだけに生きなければならぬ無の世界の色々について。
深尾須磨子『マダム・Xの春』


Amazon

川端康成

「人間は何千年もかかって人間と自然界の万物とをいろんな意味ではっきり区別しようとして来たのでございますわ。そんな一人よがりが、今になってこの人生をこんな空虚に感じさせるんじゃないかと思いますの」
川端康成『香の樹』

スポンサーリンク

北野武

あんまり死ぬのこわくなると、死にたくなっちゃうんだよ
北野武監督『ソナチネ』

北野武監督、映画『ソナチネ』の台詞です。


Amazon
 
楽天ブックス

ユルグ・ブットゲライト

人生は幻想であり無意味なものだと認めよ
ユルグ・ブットゲライト監督『死の王』

生など時代遅れだ
ユルグ・ブットゲライト監督『死の王』

こちらはドイツの映画、ユルグ・ブットゲライト監督『死の王』に出てくる言葉です。


Amazon

ジョン・レノン

ビートルズは、ほしいだけの金を儲け、好きなだけの名声を得て、何も無いことを知った。
ジョン・レノン

永井荷風

「しかし人間一生涯の中に一度でも面白いと思うことがあればそれで生れたかいがあるんだ。時節が来たら諦めをつけなくっちゃいけない」
永井荷風『つゆのあとさき』


Amazon
 
楽天ブックス

尾崎紅葉

「考へてふさいだところで、つまらない世の中に儚い人間と生れて来た以上はどうも今更為方が無いぢやないか。だから、つまらない世の中を幾分いくらか面白く暮さうと考へるより外は無いのさ」
尾崎紅葉『金色夜叉』


Amazon
 
楽天ブックス

ショーペンハウアー

この男に言ってやったものだろうか。人生の意慾せらるべきものではないゆえんをお前に教えてくれるというちょうどその点に、人生というものの価値があるのだということを?!
ショーペンハウアー『自殺について』


Amazon
 
楽天ブックス

E.M.シオラン

死とはなんたる侮辱! だしぬけにもの
、、
に化するとは……
E.M.シオラン『四つ裂きの刑』


Amazon

自分が少なくとも永遠の存在ではないと知っていながら、なぜ人間は生きてゆけるのだろう。
E.M.シオラン『生誕の災厄』

若い人たちに教えてやるべきことはただの一事、生に期待すべきものは何ひとつとしてない、少々譲ってもほとんど何ひとつない、ということに尽きる。
E.M.シオラン『生誕の災厄』

一日いっぱい、生誕という事実の不都合を思いめぐらしていると、人間の計画し実行することが、どれもこれも、つまらぬ、無益なものに見えてくる。
E.M.シオラン『生誕の災厄』

Amazon 楽天ブックス

スポンサーリンク