うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他風変わりなもの・場所などの紹介をしています(たまにお役立ち情報や暗い話も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「鑑賞記録」の人気記事TOP3

六本木「金魚」のダンスショー

time 更新日:  time 公開日:2005/06/01

エンターテイメントレストラン[六本木金魚]

去る2005年5月26日(木)、六本木「金魚」というお店のダンス・ショーを観てきました。

スポンサーリンク

六本木「金魚」に到着

六本木「金魚」外観
六本木「金魚」外観

カナリヤの毎日のkanaliyaさんと連れ立って行ったのですが、そもそもはkanaliyaさんのご友人に「×ヨクっぽいニューハーフのショーがある」とご紹介されてのこと。
kanaliyaさんも「金魚」のショーはこの日が初観覧ということで、二人ともにワクワクしながら店に足を踏み入れたのでした。

私はてっきり、ショーはいわゆるオカマバーというやつで催されるのだろうと思い込んでおりまして、席に着くなりオネエの方々に取り囲まれ「あんたおブスねー」などとダミ声でこきおろされたらどうしよう、とドキドキしておったのですが、そんなことはなく、というよりそもそも「金魚」はバーでなく、ショーに徹している割と硬派な劇場であったのですね(後にWebサイトを見て知ったのですが、出演者も全員がニューハーフの方という訳ではないようでした)。

六本木「金魚」内部
六本木「金魚」内部

18:00から入れるらしく、kanaliyaさんと私が店に着いたのは18:30ちょっと前くらいでしょうか。
店内に先客は1組。しかしその後続々とお客さんが入ってきて、平日にもかかわらずショーが始まる直前には満席に近い状態に見えました。

ショーが始まるのは19:25。それまではごはんを食べたり同伴者とくっちゃべったりしながらノンビリと過ごせます。

ショーが始まる

大仕掛けな舞台装置

いざショーが始まると、まずその大仕掛な舞台装置に度肝を抜かれました。

天井から滝が流れるかの如く見える電飾、店内中を飛び交う色とりどりのレーザー光線、舞台前方には動く歩道のようなものが組み込まれており、果てはワイヤーで吊られてどこかに飛んでいってしまう出演者まで。

また、ステージの真ん中あたりが上下したり時には階段状になったりという仕掛けもありました。
たまにそれに乗ってダンサーが舞台に下りてきたり、はたまた逆に舞台から地下にズンズン下っていって見えなくなってしまったりと誠にめまぐるしく、見ているこちらも自然視線がキョロキョロとなって思いのほか忙しかったです。

内容はなんだかスゴイ

内容としては、1曲ごとにシチュエーション別のダンスが行われる感じで、最後の方では天草四郎のような服装の人リボンの騎士っぽい人(?)が戦っていてなんだかハチャメチャでありました。

途中戦争がテーマと思しきダンスなどもありまして、「愛國婦人会」というタスキをかけた婦女子やら、憲兵らしき軍装の男性やら、GIっぽいのやらが入り乱れ、「ああ、×ヨクぽいというのはここら辺りをさすのだろうか」と思ったりしました。
このダンス・シーンのクライマックスではBGMも手伝ってか(嘉納昌吉の「花」)、不覚にも泣きそうになってしまった私でした。

また別の場面では、ダンサーが巨人小人、バセドウ氏病の如く目玉が飛び出した人やらに扮装して、舞台上はさながら見世物小屋といった風情に。

はじめの方でショー観覧の注意と共にちょっとした客いじりがあって、そこで皆どっと笑ったりしていたのですが、和やかなムードから一転、上記のような割と重い、またはどろどろした雰囲気の出し物を見せつけられ、終盤は場内の人々がそこはかとなくゲッソリしていたように感じられました……。

といっても、ものすごく後味が悪いという訳ではなくて、心地よい倦怠感に包まれたとでも申しましょうか。
笑顔で手を振って華やかにラスト・ダンスを踊る踊り子さんたちを、皆一様に(かどうかはホントはよくわかりませんが、少なくとも私めは)夢から覚めた直後といったような面持ちで、ポーッと見上げていたのでした。

その後

ショーが終るとすぐにお会計(入れ替え制ということで、またすぐ2回目の上演が始まる為)で、何だか呆然となったまんまkanaliyaさんと共に金魚を後にしたのでした。

その後お茶を飲みながら、二人で「スゴイ」「キレイ」「面白い」などと感想を述べ合い、挙句「あのダンサーがよかった」と互いのタイプを語ったりなどもして大いに盛り上がりました。

ステキに楽しいお店をご紹介頂きまして、kanaliyaさんに感謝、感謝でございます。
皆様も六本木に行く際には是非「金魚」をチェックしてみてはいかがでしょうか。
日常からかけ離れた異空間の雰囲気を存分に味わえること請け合いであります。

※だいぶ年数が経っていますので、現在ではショーの内容やシステムが変更されている可能性があります。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

【展覧会】アドルフ・ヴェルフリ「二萬五千頁の王国」【アウトサイダー・アート/アール・ブリュット】

【展覧会】アドルフ・ヴェルフリ「二萬五千頁の王国」【アウトサイダー・アート/アール・ブリュット】

アウトサイダーアート/アール・ブリュットの代表的な芸術家のうちのひとり、アドルフ・ヴェルフリの日本での初の大規模な個展「二萬五千頁の王国」を観た感想です。繰り返し表れる独特の装飾的な模様、ポップな色使い、所狭しと並べられる音符や文字が特徴的です。
Read More
首くくり栲象(たくぞう)さんの首吊り公演の感想【動画・画像あり】

首くくり栲象(たくぞう)さんの首吊り公演の感想【動画・画像あり】

首くくり栲象さんの庭劇場での首吊り公演のレポートです(2017年4月27日)。動画や画像もあります。
Read More
「もうどくてん2」感想~毒を持つ生き物たちの展覧会~

「もうどくてん2」感想~毒を持つ生き物たちの展覧会~

2017年3月16日(木)〜 2017年6月25日(日)に池袋サンシャイン水族館で開催されている「もうどくてん2」のレポートです。毒レベルごとに印象に残った生き物を紹介しています。画像多数あり。
Read More
サンシャイン水族館がお化け屋敷に!  「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

サンシャイン水族館がお化け屋敷に! 「呪いの水櫛」感想(ネタバレあり)

夜の水族館がお化け屋敷に! 2016年10月、池袋サンシャイン水族館で行われたホラー水族館第1弾「呪いの水櫛」の感想・レポートです(ネタバレあり)。
Read More
【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

【閲覧注意】「キモい展」レポート【爬虫類、両生類、ゴキブリ、クモ、ムカデ等】

「キモい展」で展示されていたヘビ、カエル、トカゲ、ヤモリ、ゴキブリ、クモ、ムカデ、ミルワーム、ハダカデバネズミなどの写真と動画を載せています。
Read More
ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

ギリヤーク尼ヶ崎~魂の路上舞踏家~

路上舞踏家・ギリヤーク尼ヶ崎さんについての記事です。2009年、新宿三井ビル55広場の公演を見た時の感想と動画(「念仏じょんがら」等)を載せています。
Read More
橘小夢(たちばなさゆめ)~怖いのに美しい絵を描いた幻の画家~

橘小夢(たちばなさゆめ)~怖いのに美しい絵を描いた幻の画家~

幻想怪奇、耽美、妖麗な絵を描いた幻の画家、橘小夢についての記事です。
Read More
ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

ギャラリー新宿座「新宿秘宝館」~鳥羽「SF未来館」の蝋人形が展示された展覧会

2012~2013年にギャラリー新宿座で行われた「新宿秘宝館」(鳥羽「SF未来館」を再現した展覧会)に関する記事です。写真や感想を載せています。
Read More
【観光】高知「絵金祭り」~血みどろ屏風絵が路上に飾られる珍しいお祭り

【観光】高知「絵金祭り」~血みどろ屏風絵が路上に飾られる珍しいお祭り

血みどろ屏風絵が飾られる「絵金祭り」と「須留田八幡宮神祭」、「絵金蔵」について書いています。その他高知について気になること……「ごめん・なはり線」や「いざなぎ流」についてちょこっと触れています。
Read More
大寅興行社の見世物小屋を鑑賞した思い出【新宿花園神社酉の市にて】

大寅興行社の見世物小屋を鑑賞した思い出【新宿花園神社酉の市にて】

2005年に大寅興行の社見世物小屋を鑑賞した時の感想や看板の写真など。見世物小屋が出てくる映画、本(江戸川乱歩)、漫画(丸尾末広)の紹介もしています。
Read More
「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

「大唐十郎展 路地の展覧会」と「ユニコン物語 溶ける角篇」(唐ゼミ)

2011年に開催された「大唐十郎展 路地の展覧会」の鑑賞記録。2006年に行われた唐ゼミの公演「ユニコン物語~溶ける角篇」についても少し触れています。
Read More
大日本プロレスのデスマッチを観戦【イチオシのレスラーは葛西純選手】

大日本プロレスのデスマッチを観戦【イチオシのレスラーは葛西純選手】

様々な凶器を用いて血みどろのデスマッチを行う「大日本プロレス」の試合を観戦した感想と、おすすめのレスラー・葛西純選手について書いています。
Read More
六本木「金魚」のダンスショー

六本木「金魚」のダンスショー

六本木「金魚」のダンスショーの鑑賞記録です。
Read More