うらなか書房のあやしいグッズあり〼

うらなか書房と申します。AmazonYahooClubTTTrinitySUZURIなどで、ちょっとあやしいTシャツやグッズの販売をしています。このブログでは、おすすめのホラー映画や漫画、本、その他風変わりなもの・場所などの紹介をしています(たまにお役立ち情報や暗い話も書きます)。

たまに毒吐くちゃん

カテゴリー「本」の人気記事TOP3

おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

time 更新日:  time 公開日:2016/02/09

本を読んでいて、この作家のこの作品はものすごく好きだけど、他はボチボチだな……とか、ほとんどの作品は好きなのだけど、熱狂的に好きと言える作品はないなァ……なんて思うことはありませんでしょうか。

そういう場合って、どこからファンといっていいものなんでしょうかね。
……って、正解がある訳ではないのですが、自分に当てはめて考えてみることにしました。

ついでに好きな小説や本をちょこっとずつですが紹介します。
よくいう中二病というやつをこじらせている方だったらピンとくるラインナップかもしれませんので、よかったらご覧ください!

スポンサーリンク

夢野久作

十代の終わり頃に、このあやしげな表紙に惹かれて『ドグラ・マグラ』を読みました。
全体的にひどく禍々しい雰囲気なのに、所々ユーモラスな文章やキャラが出てくるそのツンデレ(?)具合にスッカリ魅了されました。
しかし何回か読んでいますが、いまだに内容はよく分かっていません……。

これを読む者は、一度は精神に異常をきたすと伝えられる、一大奇書

なんていう恐ろしいキャッチコピーがついています。

でもただ単にステキにイカした宣伝文句というだけのことなので心配ご無用ですよ……だって私はこれまで『ドグラ・マグラ』を何度か読んでいますが、精神に異常なんてチットモきたしていないですからネ……ウフフ……アハハハ……

(ブウウ―――――――ンンン……)

……その後古本屋で三一書房の『夢野久作全集』購入して読みました。
ドグラ・マグラ』はちょっと別格ですが、他の小説も狂人やタブーを取り上げたものが多く、おぞましい気分になったりドキドキしたりさせられます。
これについてはまた別に記事しようと思っています。

後日夢野久作に関しての記事を書きました

夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

恐らく夢野久作に関してはファンといってもいいような気がします。


Amazon
 
楽天ブックス

江戸川乱歩

乱歩⇒夢野久作に流れる人が多そうですが、私は逆で、夢野久作の後に乱歩を読みました。

講談社の全集を持っているので、大人向けの小説や随筆は大体読んでいると思うのですが、子供向けの『少年探偵団』シリーズなどはほとんど読んでいません。

やっぱり初期の幻想怪奇な雰囲気の短編小説が好きです。
人間椅子」「押絵と旅する男」「鏡地獄」「屋根裏の散歩者」「芋虫」「陰獣」「パノラマ島奇談」「」「人でなしの恋」「孤島の鬼」など……。

ただどれも好きなのですが、突出してコレ! といった作品はないのですよね。
強いてあげるなら「」かなァ……くらいの感じです。
それと作家生活の中盤以降の長編小説にはあまりピンとくるものがありませんでした。
しかし中盤以降も随筆は好きです(『探偵小説四十年』の中で「もともと生きるとは妥協することである」なんていう陰気な文章を書いています)。

でもこれだけ好きな作品があるということは、やっぱりファンなのかもしれませんね……。


Amazon
 
楽天ブックス

関連記事

「海鰻荘奇談」香山滋

作品単位でいうと、香山滋(「ゴジラ」の原作者)の「海鰻荘奇談」が実は一番好きかもしれません。

ある博士のお屋敷……通称「海鰻荘」で殺人事件が起こるのですが、その殺害方法の奇抜さとスケールの大きさといったら……!
人間を文字通り骨と皮にする悪魔の正体とは……!?

そしてヒロインの、大人の女の色気とは違う、少女特有の小悪魔的なエロチシズム、それに翻弄される周囲の男たち、囁き声での殺害予告、巨大なうつぼの群れ、霊魂の登場、そして、

いのちをたもつのも、いのちをほろぼすのも、どちらもたのしいあそびだったら、ほろぼすほうをえらんだからって、どうしてそれがざいあくかしら?

という退廃的な台詞……。

奇想天外すぎるストーリー展開の探偵小説です。

ただ、他の小説もポツポツ読んだのですが、やはり「海鰻荘奇談」ほど惹かれるものはありませんでした。
ので、香山滋のファンとは名乗れそうにありません……。


Amazon
 
楽天ブックス

「湖畔」久生十蘭

久生十蘭の「湖畔」という小説もものすごく好きです。

もともと自分の顔にコンプレックスがあった貴族の男性が、ある出来事から顔に大ケガを負ってしまい、ますます自分の容姿への自信を失う。
しかし貴族ゆえのプライドの高さから、表向きの態度は尊大である。
そんな男が、天真爛漫な美少女に一目惚れをし……。

とあらすじだけ書くとなんだか陳腐なラブストーリーのようですが、この小説の魅力は何と言っても格調高い文章ではないかと思います。
そしてそれまでの絢爛豪華な雰囲気から一転、水墨画のような虚無と静寂を感じさせるラストシーンにもしみじみさせられます。

母子像」「昆虫図」「ハムレット」「予言」「黒い手帳」などもそこそこ面白かった気がするのですが、やはり「湖畔」の印象が鮮烈でした。


Amazon
 
楽天ブックス

「木犀」尾崎翠

第七官界彷徨」が代表作だと思いますが、私は「木犀」という短編小説にグッときました。

貧乏な女性文筆家の話です。
男性との別れを思い出したり、妄想のチャップリンと会話をしたりする主人公。
妄想のチャップリンと会話……? どうかしちゃってるだろ、と思うかもしれませんが、この辺りは割と飄々と話が進んでいき、それほどの悲愴さは感じられないのです。

しかし終盤になって突然、

お母さん、私のような娘をお持ちになったことはあなたの生涯中の駄作です

私は枯れかかった貧乏な苔です

とネガティブすぎる文章がぶっこまれてきます(苔、という言葉はそれまでにも何度か出てきますが、そこまで思い詰めている感じではなかった)。

尾崎翠自身その後30代半ばで筆を断ち、失意の内に故郷に戻ったそうなので、恐らく自分のことを書いた文章だったのだと思われます。

淡々と物語が進む中、突如として衝撃的な鬱場面が差し込まれるという点で、つげ義春さんの漫画と相通ずるものがある気がします。是非つげさんに漫画化してほしいものです。

Amazon 楽天ブックス

「義男の青春」も「別離」もやるせない話です……。

その後30年以上経って、亡くなる直前に尾崎翠は再評価されたようなのですが、その時は嬉しいと感じたのか、それとも今更、という気持ちであったのか……。

木犀」の上記の文章があまりにも強烈すぎて、プロフィールに好きな作家として「尾崎翠」の名を挙げさせてもらっています。  
しかし実は、香山滋の「海鰻荘奇談」、久生十蘭の「湖畔」的な感じで、その他の小説はものすごく好きという訳ではないのですよね……。
でも尾崎翠の人生自体のファンということで……。


Amazon
 
楽天ブックス

「屋上の金魚」川端康成

掌の小説』という掌編小説がたくさん収録されている本の内の一作品。

妾の娘が腹違いの姉にヤンワリといじめられて、母親(妾)が金魚をむしゃむしゃ頬張り、妾の娘は「ああ、お父さん。」と叫びながら母親をぶち××す……というアングラ劇団も真っ青のシュールで物騒な掌編小説。

雪国」「みずうみ」「眠れる美女」なども読みましたが、それでも私は川端康成であればこの「屋上の金魚」を推します。

屋上の金魚」だけがめちゃくちゃ好きなのですが、川端康成ファンかといわれると違うと思いますし、有識者からも怒られそうな気がするのでファンというのはやめておきます……。


Amazon
 
楽天ブックス

「侏儒の言葉」「文芸的な、余りに文芸的な」芥川龍之介

文芸的な、余りに文芸的な」というタイトルがすこぶるカッコイイのでタイトル買いした所、実は『人間的な、余りに人間的な』というニーチェの本があって、芥川龍之介はそれをもじっていたらしいです。

(好きになった曲がカバー曲だったことを知った時のようなちょっとした残念感……)

(それにしてもこの題名をはじめに訳した方のセンスはすごいですね)

文芸的な、余りに文芸的な」の中では、

僕の中の詩人を完成するために作っているのである

(自分や他人の人格とか、社会のためではなく)

なんていう文章が印象に残りました。

しかし同時収録されていた「侏儒の言葉」の方が名言が多かったです。
というか、アフォリズムといって、「名言を書くぞ!」的な形式(?)の文章なので、その全てが名言で構成されているような作品です。
有名なものだと、

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である。
「侏儒の言葉」芥川龍之介

という文章があります。

上記もいいのですが、私は「人生は地獄よりも地獄的である」という文章が好きです(私はどうも厭世的だったりニヒルだったりする言葉をカッコイイと感じる傾向があるようです)。

正直芥川龍之介の小説は難しくてよく分からないものが多いのですが(「地獄変」は好き)、「侏儒の言葉」はたまに読み返したくなります。

Amazon 楽天ブックス

「地獄変」芸術のためなら娘さえも……!


Amazon
 
楽天ブックス

また「沼地」という掌編小説も心に染みるものがありました。作中に出てくる画家がゴッホを思わせます。
太宰治が「如是我聞」で述べていた「芥川龍之介の苦悩」……日蔭者の苦悶弱さ生活の恐怖敗者の祈り――が凝縮されているような作品です。

泉鏡花

Amazon

ものすごく読みづらいんですよね……。
夢野久作の『ドグラ・マグラ』とはまた違った意味で読みづらい文章だと思います。
でもカッコいいんですよねェ。義太夫節を文章にしたような雰囲気があります。
日本橋」「南地心中」あたりが物騒で好きです(「外科室」もちょっと物騒といえば物騒かもしれません)。

Amazon 楽天ブックス

美しい伯爵夫人が、手術の際の麻酔を頑なに拒むその理由とは……!?

内田百閒

Amazon 楽天ブックス

鈴木清順の映画『ツィゴイネルワイゼンa』の原作ということで、「サラサーテの盤」を読んでみた所ハマリました。
じめじめしていて、ゾッとするような怖さがあります。モダンな日本の怪談とでもいう趣です。

Amazon

『冥途・旅順入城式』もホラーとシュールの中間のような趣があって好きです。

ただ、有名な随筆の方にはあまりハマれませんでした……。
あ、でも『ノラや』は好きです。

Amazon 楽天ブックス

猫好きにおすすめするべきかどうか迷う本です。
猫好きだからこそわかる! という所もあれば、つらい所もあり……。


といった感じで、自信を持って「ファンです」といえそうなのは夢野久作くらいでしょうか。
しかし夢久についても熱心に読んでいたのはだいぶ前のことなので、正確には「ファンだった」というべきでしょうか……。

スポンサーリンク

AmazonでTシャツや電子書籍(短編小説集)を販売しています

Amazon詳細ページへ Amazon詳細ページへ

Tshirt TrinityでTシャツやバッグを販売しています

TSHIRTS TRINITY

マスコットキャラ

たまに毒吐くちゃん

当ブログのマスコットキャラ「たまに毒吐くちゃん」。所々に出没します。
TSHIRTS TRINITYClubTSUZURIでTシャツ・グッズ販売中です!

同じカテゴリーの記事

ガンジーは反出生主義者だったのだろうか?

ガンジーは反出生主義者だったのだろうか?

『ブッダは、なぜ子を捨てたか』という本に書いてあったガンジーが息子にいったという反出生主義的な言葉、「子供を産むことは原罪的な呪いの行為であり慎むべきである」が印象に残ったので、それについて書いています。
Read More
ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラとそのおすすめ作品【芥川龍之介、太宰治、江戸川乱歩など】

ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラとそのおすすめ作品【芥川龍之介、太宰治、江戸川乱歩など】

ゲーム「文豪とアルケミスト」で好きなキャラと、それぞれのおすすめ作品(小説、随筆、詩)を紹介しています。太宰治『善蔵を思う』、萩原朔太郎『僕の孤独癖について』、川端康成『屋上の金魚』(『掌の小説』所収)など。
Read More
【クズ…?】私が好きな太宰治のエピソード5つ【熱海事件、芥川賞事件など】

【クズ…?】私が好きな太宰治のエピソード5つ【熱海事件、芥川賞事件など】

私が好きな太宰治のエピソード「棟方志功に暴言を吐く」「檀一雄を借金のカタに熱海に置き去り」「大御所作家の志賀直哉に食ってかかる」「自分の悪口を耳にしておいおい泣く」「芥川賞への執着」、番外編「青鯖が空に浮かんだような顔をしやがって(by中原中也)」について書いています。
Read More
芥川龍之介、太宰治、坂口安吾はなぜ子供を作ったのか

芥川龍之介、太宰治、坂口安吾はなぜ子供を作ったのか

芥川龍之介、太宰治、坂口安吾の子供に関しての記述を読んで考えたことを書いています。
Read More
高野悦子「二十歳の原点」三部作~二十歳で自殺した女子大生の日記

高野悦子「二十歳の原点」三部作~二十歳で自殺した女子大生の日記

二十歳で自殺してしまった高野悦子さんの日記「二十歳の原点」三部作(主にその内の『二十歳の原点序章』)を紹介しています。生きることへの疑問や、「何かをしなくては」という焦りを抱えていたり、他人の目に自分がどう映るかということを気にしてしまったりする方は共感できる本かもしれません。
Read More
『偉人は死ぬのも楽じゃない』他、有名人の死に方についての本【人間臨終図鑑、知識人99人の死に方】

『偉人は死ぬのも楽じゃない』他、有名人の死に方についての本【人間臨終図鑑、知識人99人の死に方】

有名人の死に方が書かれている本『偉人は死ぬのも楽じゃない』『人間臨終図鑑』『知識人99人の死に方』を紹介しています。特に病気の症状や治療法が具体的に書いてあって描写がえげつない『偉人は死ぬのも楽じゃない』をおすすめしています。
Read More
江戸川乱歩と萩原朔太郎が一緒に回転木馬に乗ったという文献を探してみた

江戸川乱歩と萩原朔太郎が一緒に回転木馬に乗ったという文献を探してみた

江戸川乱歩と萩原朔太郎(両方オジサン)が、2人で回転木馬(メリーゴーランド)に乗った……ということがネットで話題になっていたので、文献を調べてみました。乱歩の同性愛への興味についても少し触れています。
Read More
人間嫌いだった作家・江戸川乱歩のネガティブな名言集

人間嫌いだった作家・江戸川乱歩のネガティブな名言集

江戸川乱歩のネガティブな名言を集めました。また休筆や、ネガティブと代表作の関係性などについても書いています。
Read More
生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な名言集

生まれないのが一番幸せ~反出生主義や虚無的、厭世的な名言集

「出生しないということは、議論の余地なく、ありうべき最善の様式だ」(シオラン)――など、反出生主義や虚無的、厭世的な名言を集めました(芥川龍之介、稲垣足穂、ショーペンハウアーなど)。
Read More
夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

夢野久作のおすすめ小説+エッセイ【ドグラ・マグラ、少女地獄、瓶詰の地獄など…青空文庫へのリンクあり】

夢野久作のおすすめ小説『ドグラ・マグラ』『少女地獄』『瓶詰の地獄』『犬神博士』『氷の涯』『あやかしの鼓』『押絵の奇蹟』『死後の恋』その他短編小説7作、エッセイ3作を紹介しています。青空文庫へのリンクも貼っています。
Read More
『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで幸福について考えた

『絶望名人カフカの人生論』を読んで、カフカと、カフカの友人で流行作家であったというマックス・ブロートとの関係から、幸福について考えてみました。
Read More
おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

おすすめ本『へんないきもの』【動画あり…若干閲覧注意】クマムシ、ダイオウグソクムシ、コウガイビルなど

奇妙な見た目や生態の生物が盛りだくさんの本、『へんないきもの』と、続編『またまたへんないきもの』、そしてその本に載っている生き物6種類(コアリクイ、フクラガエル、コモリガエル、コウガイビル、ダイオウグソクムシ、クマムシ)をピックアップしてご紹介しています。ちょっと気持ち悪い動画もあります!
Read More
おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

おすすめの小説や本を紹介しつつ「ファン」かどうか考えてみる【夢野久作『ドグラ・マグラ』など】

どこからファンといえるのか考えつつ、ついでに好きな小説や随筆などの紹介をしています(夢野久作「ドグラ・マグラ」、江戸川乱歩、香山滋「海鰻荘奇談」、久生十蘭「湖畔」、川端康成「屋上の金魚」、芥川龍之介「侏儒の言葉」など)。
Read More